子どもたちと触れ合う*栗山高校2年生就業体験学習

2017年9月14日

栗山高校(高橋尚紀校長)の2年生が13日と14日の2日間、公共施設や小売店などで「就業体験学習(インターンシップ)」を行いました。この学習は、進路選択について具体的に考え、職業観を学び社会をより身近に感じる機会として実施しています。子育て支援センターでは2人の生徒が、子どもたちに絵本を読んだりおもちゃで遊んだりして触れ合いました。2年1組の谷内綾(たにうちあや)さんは「子どもに目をかけたりして、喜ばせてあげることができて良かった」と話し、榊彩花(さかきあやか)さんは「子どもたちから声をかけてくれてとても安心した」とコメントしてくれました。

 

(この記事は栗山高校2年1組の古野亜海さんが作成しました)

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。