「ゆめぴりか」を収穫*栗山小学校5年生が稲刈り

2017年9月20日

栗山小学校(吉田政和校長)の5年生55人が19日、長尾康司さん(富士)のほ場で稲刈り体験を行いました。はじめに長尾さんから鎌の使い方や稲の刈り方を教わり、一人ひとり鎌を借りて作業開始。5月の田植え体験で植えた「ゆめぴりか」を、歓声をあげながら稲刈りしました。稲刈り終了後には、フォークリフトで高い位置から自分たちの刈った水田を眺めるおまけつき。初めて稲刈りをしたという5年1組の山本愛菜さん(11歳)は「上手に刈ることができて気持ち良かった」と話していました。11月には、収穫したお米を使ってカレーライスを作る予定です。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。