子育て中のお母さんと座談会*栗山高校3年生

2017年9月22日
栗山高校(髙橋尚紀校長)の生徒が21日、子育て支援センターで子育て中のお母さんと座談会を行いました。同校3年生の「生活と福祉」を選択した7人と、育児サークルの親子10組が参加。座談会は「子どもの将来について」や「子どもができてからの気持ちの変化」など生徒からの質問にお母さんが答える形で進められ、最後には生徒から手作りの季節毎の壁飾り(タペストリー)が贈られるなど和やかな雰囲気で交流していました。育児サークル代表の高橋恵里子さん(34歳)は「高校生から進路は自分の意思を尊重してもらっていることを聞き、私たちも子どもが選んだ道を応援したいと思いました」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。