秋のセーフティロード作戦*街頭啓発活動

2017年10月4日

 

秋の全国交通安全運動週間に合わせ29日、角田の国道234号沿いで札幌地区トラック協会南空知支部(工藤英人支部長)・栗山町交通安全ゆりの会(山﨑君子会長)・栗山自動車学校(小澤茂晴校長)合同によるセーフティロード作戦が行われました。実施に先立ち栗山警察署の鈴木雄介交通課長から、町が9月28日時点で交通事故死ゼロ日数が1000日を超えたことを踏まえ「皆さんの協力のもとに1500日、2000日とこれからも継続していきたい」とあいさつ。その後参加者は、「交通安全」・「シートベルト着用」と書かれた黄色の旗を持ち、通過する車両に交通安全を呼び掛けました。また、栗山警察署員の誘導でパーキングエリアに入ったドライバーに「安全運転をお願いします」と、交通安全啓発用品を手渡すPR活動も併せて行われました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。