正しい個人情報の取り扱い学ぶ*町内連合会研修会

2017年10月4日
改正個人情報保護法に対応した正しい個人情報の取り扱いを学ぶため3日、カルチャープラザ「Eki」で栗山町内連合会(椛澤忠彦会長)主催の研修会が行われました。平成29年5月30日の改正個人情報保護法施行に伴い、これまで対象外であった個人情報5000人以下の団体が対象となったため、各町内会や連合会、25人が参加。講師に石川法律事務所(札幌市)の石川和弘さんを招き約2時間かけて改正点のポイントや現行法の理解などを丁寧に説明しました。参加した新里町内会長の初山清仁さんは「改正個人情報保護法の具体的な事例を示しながらわかりやすく話をしてくれた。町内会員の情報は利用する目的が同じであれば町内会と民生委員、社会福祉協議会などとも情報を共有しても良いという話もあったので、これからは町内会でルールを決めて対応していきたい」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。