楽しいブース盛りだくさん*スポーツマチゲンキフェスティバル

2017年10月9日
一般社団法人栗山青年会議所(中井浩輝理事長)主催のスポーツマチゲンキフェスティバルin栗山が体育の日である9日、スポーツセンターで行われました。スポーツの楽しさや大切さを知ってもらおうと今回が初開催。当日は一般社団法人A-bank北海道の仁井有介さん、砂川誠さん、松田綱季さんが講師を務める陸上、サッカー、バスケットボールの学年別アスリート教室をはじめ、BMXやボルダリングなどのスポーツ体験ブースや飲食店ブースなど13個のブースが用意されました。開会式で同会議所の中井理事長が「スポーツをする人、見る人が楽しい空間となり、夢を描けるようなイベントにしていきたい」とあいさつ。訪れた親子連れなど約150人はスポーツの秋を楽しんでいました。アスリート教室に参加した南坂迅人くん(10歳:栗山小4年)は「バスケットボールは苦手だったけど、わかりやすく教えてもらいたくさんシュートを決めることができて楽しかった」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。