仕事の楽しさを知る*栗山中学校1年生職場体験学習

2017年10月13日

 栗山中学校(中島琢磨校長)の1年生による職場体験学習が10月12日と13日の2日間、公共施設などで行われました。この学習は、中学校の授業の一環として行っています。児童センターでは、鎌田倖(かまださち)さん、吉田瞭(よしだりょう)さん、坂本愛葉(さかもといとは)さんが松ぼっくりに色を塗ったり、小さくてかわいい男の子とかけっこをしたり、最後に生まれて間もない赤ちゃんを抱えながら一生懸命ミルクを飲ませていました。職場体験をした吉田瞭さんは「児童センターには午後に50人から60人来ています。大変だった仕事は松ぼっくりに色を塗ることです。職場体験は小さい子どもたちと仲良く触れ合ったりできてうれしかったそうです」と話していました。

 

※この記事は、栗山中学校1年A組の高谷優大(たかやゆうだい)さんが作成しました。 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。