創立50周年を祝う*栗山町技能協会記念式典

2017年10月16日

 

創立50周年を迎えた栗山町技能協会(山﨑信治会長)の記念式典が、13日にカルチャープラザ「Eki」で行われました。同協会は、昭和42年に技能者の養成と社会的評価・経済的地位の向上を図り、地域産業振興に寄与することを目的に発足。以来、技能向上のための競技会や検定の奨励、手づくりベンチの寄贈や小中学校の修繕作業などの社会奉仕活動に取り組み、技能者の育成や資質の向上、地域福祉の増進に大きな役割を果たしてきました。式典には来賓や関係者など約40人が出席し、山崎会長が「若い技術者が夢と希望を持てるよう、次代を担う後継者育成と幅広い技能の向上のために精一杯取り組みます」とあいさつ。また、多年わたり協会の発展・充実に貢献された個人・団体に感謝状と記念品が贈呈され、町から同協会のまちづくりへの多大な貢献に対して感謝状が贈られました。

 

 

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。