「コーングリッツ」で北海道新技術・新製品開発賞を受賞*そらち南農協

2017年10月20日

 

道産のトウモロコシを原料とした「コーングリッツ」を開発したそらち南農協(北輝男代表理事組合長)が、北海道新技術・新製品開発賞食品部門の優秀賞を受賞し、12日に札幌市で表彰されました。同賞は、新産業の創出や既存産業の高度化など、道内中小企業などが開発した新技術・新製品を表彰するもの。同組合は、北海道立総合研究機構食品加工研究センターと共同して、輸入原料を主流に製造されるコーングリッツを、独自の技術により道産トウモロコシ子実を使ってコーングリッツの製造に成功。輸入品との差別化を図り、高付加価値化を可能とするもので、製造の技術と農産品の有効活用が評価を受けての受賞となりました。

 

【受賞概要】

 

〇団体名

 そらち南農業協同組合、有限会社ほんだ菓子司(共同申請)

〇名 称

 道産トウモロコシを原料とした「コーングリッツ」および道産コーングリッツを原料としたポンスナック「ポンタベール」の製造と販売

〇推薦団体

 栗山町、砂川市

 

※詳しくはこちら

 

平成29年度北海道新技術・新製品開発賞受賞者のお知らせ

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。