収穫した「ななつぼし」子どもたちに*角田小学校で米の贈呈式

2017年11月1日

  

子どもたちが収穫した米の贈呈式が1日、角田小学校体育館で行われました。同校で9月に行われたふるさとキャリア教育の取り組みである「稲刈り体験学習」で収穫した「ななつぼし」のお米5kg を5袋寄贈。有限会社粒里(つぶり)の田村賢治代表取締役から受け取った児童代表の水口萌さん(12歳)は「水田の管理など定期的なお世話をしていただき、ありがとうございました」と感謝し、田村さんは「例年以上に低たんぱくで良質なお米ができました。皆さんでたくさん食べてください」と話していました。寄贈されたお米は調理実習で使ったり、各家庭に持ち帰って食べたりする予定となっています。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。