栗山監督の心と体の癒しの場に*栗の樹ファームの冬囲い

2017年11月6日

 

「栗さんのおかげです事業」の一環として4日、湯地にある栗の樹ファームで冬囲いなどの作業が行われました。北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が、心と体を癒してもらえるようにと、北海道日本ハムファイターズを応援する栗山の会(高杉文浩会長)が呼びかけたもので、同会や一般社団法人栗山青年会議所の会員、栗山ロータリークラブの有志など約30人のボランティアが参加。当日は、ログハウス周辺の花壇や植樹したアオダモの冬囲い、グラウンド整備、落ち葉拾いなど、約2時間かけて汗を流しました。高杉会長は「この作業が来年の優勝に向けての一助となればうれしいです」と話していました。

 

 

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。