書の魅力を伝える*一心書道展

2017年11月9日

 

 

今回で13回を数える「一心書道展」(同実行委員会主催)が、9日からカルチャープラザ「Eki」で開かれています。町内をはじめ岩見沢市や北広島市など、地域の垣根を越えて書を愛する者が一堂に会し、日ごろの成果を発表しあう場として毎年開催。今年も、漢字や仮名、近代詩文書など多彩なジャンルの作品が展示され、賛助作品として椿原紀昭町長と栗山英樹監督の作品も飾られています。また、「風」をテーマに出品者全員で制作したはがき大の作品も並んでおり、訪れる人の関心を誘っています。

 

第13回一心書道展

 

【期 間】

11月9日(木)~12日(日)

 

【時 間】

10:00~17:00(最終日は16:00まで)

 

【場 所】

カルチャープラザ「Eki」(2階)町民ギャラリー

 

【入場料】

無料

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。