夜光反射材で事故の未然防止を*交通安全協会が街頭啓発

2017年11月17日

  

冬の交通安全運動期間(11~20日)中の17日、薄暮・夜間時の事故防止に向け、町老人クラブ連合会、交通安全ゆりの会、栗山警察署、町交通安全協会が町内スーパー前など3カ所で街頭啓発を行いました。ラッキー栗山店前では、同協会会員など8人が夜光反射材や啓発チラシが入った袋50セットを配りPRを実施。買い物客に事故防止を呼びかけました。町交通安全協会の大塚清康会長は「これからの時期、車から歩行者は特に見えづらくなります。夜光反射材をつけて事故を未然に防いでほしいです」と話していました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。