児童に安全呼びかける*栗山警察署

2017年11月16日

  

スクールバスで下校している角田小学校(菊池精一校長)の児童5人と継立小学校(豊田智博校長)の児童6人を対象に14日と16日、栗山警察署員が交通安全指導を行いました。冬の交通安全運動(11~20日)の一環で、町内では今回が初めて。両日とも同署交通課の鈴木雄介課長と尾上眞帆巡査部長がバスに同乗し、停留所で降車した児童に冬道の歩き方やスクールバスを乗り降りする際の交通事故防止などを呼びかけ、児童は道路や足元に気を付けて下校していました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。