今を精いっぱい生き抜いて*栗山中学校道徳講演会

2017年12月9日

 

今年度最後となる栗山中学校(中島琢磨校長)の土曜授業「道徳講演会」が9日、同校体育館で開催されました。講師にソルトレイクパラリンピック車いすスキー元日本代表の田中哲也さん(46歳)を招き、「努力と強い意志 自信の可能性 諦めなければ夢は叶う」をテーマに講演会が行われ、285人が参加。田中さんは時間と自信の大切さについて「素直になること、努力すること、感謝することが大事」と呼びかけた上で、「やったことが全て経験として積み重なっていくので、どんなことにもチャレンジして今を精いっぱい生き抜いてほしい」とエールを送り、先生や生徒は熱心に耳を傾けていました。講演後には、生徒代表の富山優理さん(14歳)から「どんな困難が訪れても諦めなければ夢は叶うということを忘れずに学校生活を送って行こうと思います」と感謝の言葉と花束が贈られ、会場から大きな拍手が送られました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。