皆さんを笑顔に*北海道コカ・コーラボトリング株式会社が清涼飲料水を寄贈

2017年12月11日

  

北海道コカ・コーラボトリング株式会社(佐々木康行代表取締役社長)より、町社会福祉協議会(橘一也会長)へ11日、コカ・コーラ製品が寄贈されました。同社では、子どもたちやお年寄りの方々をはじめとした、多くの方へ笑顔を届けることを目的に毎年クリスマス時期に道内の社会福祉施設へ製品の寄贈を続けているもので、今年で50回目。製品寄贈は累計で300万本を超えました。町社会福祉協議会への寄贈も今年で20回目となり、寄贈されたのはコカ・コーラをはじめとする清涼飲料水28ケース726本。寄贈式で同社の山下裕司営業一部部長代理は「今回の寄贈により、皆さんを笑顔にすることができたらうれしいです」と話すと、橘会長は「ありがとうございます。子どもたちや利用者の方々がとても喜ぶと思います」と感謝していました。

 

 

               ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。