困っている人に使って*角田小学校で赤い羽根共同募金

2017年12月20日

  

角田小学校(菊池精一校長)で集められた『赤い羽根共同募金』が20日、同校校長室で町共同募金委員会(松原由典会長)に届けられました。この浄財は、今月上旬に全校児童57人が各家庭の協力のもと募金活動を4日間限定で実施。集められた募金は児童会役員が集計しました。児童代表の田中彩良さん(さら:12歳)は「困っている人に使ってください」と同委員会の上島宣和事務局長に託し、受け取った上島事務局長は「皆さんの想いを大切に使わせていただきます」と感謝の言葉を述べました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。