JR室蘭線を学ぼう!地域公共交通セミナー

2017年12月20日

 

JR室蘭線の現状認識と、今後の利用促進などを考えるきっかけとする地域公共交通セミナー「JR室蘭線を学ぼう!」(岩見沢市、栗山町、由仁町の共催)が20日、岩見沢市自治体ネットワークセンターで開かれました。セミナーでは、北海道旅客鉄道株式会社の田畑常務取締役と日本貨物鉄道株式会社の上川北海道支社総括次長が「JR室蘭線の現況」「北海道における鉄道貨物輸送の現況」と題して講演。講演ではJR室蘭線の輸送密度や収支状況の実態、今後の収支見通しなどを、スライドを使って説明し「JRとしての努力、国や北海道への支援要請などを進めていきますが、路線を維持・存続するためには皆さんとの協議が不可欠ですのでご理解とご協力をお願いします」と呼びかけ、100人の参加者は真剣に聞き入っていました。その後、7月に3市町で行った「JR室蘭線利用実態調査」の結果が報告されました。今後、町では沿線自治体などと連携して、利用促進などの取り組みを進めていきます。皆さんのJR室蘭線への思いや利用促進策に関するアイデアなど、ご意見をお寄せください。

 

【問い合わせ】

 町経営企画課地域政策グループ

 電話:73-7502 FAX:72-3179

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。