宮西選手と淺間選手のパネルがお目見え*北海道日本ハムファイターズ応援大使2018

2017年12月26日

 

北海道日本ハムファイターズ事業統括本部の清水聖子さんが21日、椿原紀昭町長を表敬訪問し1年間の任期で来年、栗山町の応援大使となることが決まった宮西尚生選手と淺間大基選手の直筆サイン入りユニフォームやポスター、等身大パネルを贈呈しました。清水さんは「全力でサポートしていきますので、1年間よろしくお願いします」とあいさつ。椿原町長は「まちを盛り上げる取り組みを行っていきたい」と話しました。なお、球団から贈呈された等身大パネルはしばらくの間、役場旧庁舎1階ロビーに展示されます。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。

     

関連ワード