新成人122人 笑顔の門出*成人式

2018年1月7日
平成30年の栗山町成人式が7日、カルチャープラザ「Eki」で行われ、あでやかな晴れ着やスーツに身を包んだ新成人122人が大人への第一歩を踏み出しました。椿原紀昭町長は「若い力とチャレンジ精神をもって、何事にも果敢に挑戦し、夢の実現に向かって邁進していただきたい」と新成人を激励。新成人代表の平澤智騎さんと渡邉あみさんは「新成人として目標を持ち、それに向かって前進し、町の発展、日本の発展へと自分たちの若い力を存分に発揮し、幅広い分野で活躍していきます」と力強く宣言しました。また、引き続き行われたアトラクションではビデオレターが上映され、学生時代の担任教諭など9人が登場。当時の思い出やお祝いのメッセージが贈られると、新成人たちから大きな歓声が起こりました。また、サプライズゲストとして今年1年間、本町の応援大使を担うこととなった北海道日本ハムファイターズの宮西尚生選手と淺間大基選手もスクリーンに登場。新成人に「常に大人としての行動をしてほしい」とエールを送りました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。