楽しい思い出を作って*角田小学校入学式

2018年4月9日

角田小学校(伊藤聰校長)で6日に入学式が行われ、新1年生5人が初登校しました。校舎前では角田交通安全友の会の皆さんなどから防犯ブザーなどを真新しいランドセルにつけてもらい、式典前の教室では6年生から花飾りをつけてもらいました。式典では、伊藤校長が「『元気になる言葉を使う』『話は目と耳と心で聞く』『友だちとなかよく遊ぶ』の3つの魔法で、楽しい思い出をたくさん作ってください」とあいさつ。歓迎の言葉では、在校生を代表して名内奏楓(かなで)さんと廣坂柊(しゅう)さんが「角田小学校は世界一幸せな学校です。いろいろな行事があるので楽しみにしていてください」とあいさつをしました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。