手作りの「雑巾」栗っ子へ*更生保護女性会が寄贈

2018年5月15日

  

栗山更生保護女性会(野原信子会長)が14日、総合福祉センター「しゃるる」を訪れ、町へ手作りの雑巾を寄贈しました。昨年に続き5回目で、同会会員が心を込めて縫った200枚が教育委員会に手渡されました。野原会長は「子どもたちに気持ち良く使ってほしいです」と話すと、南條宏教育長は「ありがとうございます。毎年とても助かっています」とお礼を述べました。なお、雑巾は教育委員会から町内の小中学校へ配布されます。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。