「ふすまパン」で関心高めて*ワークセンター栗の木パン感謝祭

2018年7月18日

 

開設して16周年を迎えたワークセンター栗の木・パン工房による「パン感謝祭」が14日、北雄ラッキー栗山店向かい(中央3丁目)で行われました。店頭には食物繊維や鉄分が豊富な小麦ふすまをたっぷりと使った「ふすまパン」やスイーツパンなど、体に優しいパンがずらり。新商品の「全粒粉ピザ」は1時間ほどで完売しました。同センターで知的障がい者の社会的自立を目指しており、運営しているNPO法人栗山町手をつなぐ育成会の坂本武理事長は「販路の開拓だけでなく、小麦ふすまへの関心をさらに高めてもらい、これからも挑戦を続けたい」と話していました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。