女性消防部が高齢者世帯の立入検査を実施

2018年10月22日

  

今月15日から行われている秋の火災予防運動に合わせ、栗山消防団(鈴木英雄団長)の女性消防部の団員6名が20日、錦地区の一般住宅を対象とした立入検査を行いました。火の元の点検と住宅用火災警報器の鳴動試験を行うため実施。女性消防部の後藤美雪団員は「ストーブを使用する時期になり、火災が発生しやすくなるため、より一層火の元には注意してください」と、火の用心ハロウィンかぼちゃを手渡し、火災予防を呼び掛けていました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。