救命処置の重要性呼びかける*防火管理者連絡協議会

2018年11月1日

 

栗山町防火管理者連絡協議会(細山寛会長)が、消防署で普通救命講習を受講しました。AEDの取扱いや心肺蘇生法、異物除去や止血法などを学ぶことを目的に実施。講師で女性消防部の長尾恵美さんは「救急車が到着するまでの間に救命処置を行うことで、社会復帰できる確率は大きく上がります」と呼びかけ、参加者は真剣に聞き入っていました。

 

 

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。