「応援大使ご当地給食」を実施*北海道179市町村応援大使

2018年11月29日

 

 北海道日本ハムファイターズでは、「北海道179市町村応援大使プロジェクト」の一環として、未来を担う子どもたちの食と健康づくりに寄与するため、好き嫌いなく食べる大切さを伝え、生産者への感謝の気持ちを醸成することを目的に「応援大使ご当地給食」を実施しています。

 本町でも、11月20日・21日の2日間にわたり栗山町応援大使両選手にちなんだ給食が提供されました。また、「応援大使ご当地給食」の実施を記念して、応援大使両選手がデザインされたオリジナルランチョンマットを作成し、小中学生に配布しました。

 宮西選手のメニューが提供された21日には、選手本人が栗山中学校にサプライズ訪問し、生徒たちに食の大切さを呼びかけていました。

 

 ★淺間大基選手メニュー(11月20日実施)

   カレーライス、フルーツ白玉、牛乳

   ※小中学生当時、好きだった給食メニュー 「カレーライス」

   ※昔は苦手だったものの克服して食べられるようになったもの 「白玉」

 

 ★宮西尚生選手メニュー(11月21日実施)

   背割りコッペパン、焼きそば、お好み焼き、野菜とソーセージのスープ、牛乳

   ※小中学生当時、好きだった給食メニュー 「焼きそばパンにしてた」

   ※出身地の名産品・ご当地グルメで給食に加えてほしいメニュー 「お好み焼き」

   ※今、身体を作るために意識してよく食べているもの 「野菜」

 

 

 

 

 

     

 

 ★サプライズ訪問した、栗山中学校の様子

 

宮西選手と淺間選手が来町*北海道179市町村応援大使 宮西選手と淺間選手が来町*北海道179市町村応援大使 宮西選手と淺間選手が来町*北海道179市町村応援大使

 

     

 

 ★栗山小学校の様子

 

ランチョンマット配布(栗山小学校).jpg 淺間選手給食(栗山小学校).jpg 宮西選手給食(栗山小学校).jpg

 

    

 

 ★角田小学校の様子

 

ランチョンマット配布(角田小学校).jpg 淺間選手給食(角田小学校).jpg 宮西選手給食(角田小学校).jpg

 

     

 

 ★継立小学校の様子

 

ランチョンマット配布(継立小学校).jpg 淺間選手給食(継立小学校).jpg 宮西選手給食(継立小学校).jpg