くりっ子の力作が並ぶ*児童生徒作品展

2018年12月7日

小中学生の絵などを集めた「くり山の子ども作品展」が5日、カルチャープラザ「Eki」で始まりました。町教育振興会の主催。町内の小中学校4校の子どもたちが描いた水彩画や習字など約600点が並びます。6日にスクールバスで会場を訪れた角田小学校(伊藤聰校長)の全校児童51人は、自分たちの作品を見つけて大喜び。また、他校の作品にも関心を寄せていました。水彩画を描き上げた児童会長の周田俊誠さん(としなり:12歳)は「下駄箱を一つひとつ丁寧に描くことに力を入れました。他校の人の作品を見ると奥行きを上手に使っていてすごいと思いました」と話していました。なお、同展は11日まで開催。ぜひ、栗っ子の力作をご覧ください。

<<くり山の子ども作品展>>

【期  間】 12月5日(水)~11日(火)

【時  間】 9:00~19:00 ※11日は14:30までとなります。

【場  所】 カルチャープラザ「Eki」 1階 多目的ホール

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。