海外でたくましく成長*少年ジェット帰国

2019年1月15日
少年ジェット「希望の翼」でオーストラリアのパースに派遣されていた中高生9人が、12日帰国しました。4日に栗山町を出発し、9日間の研修を終えた子供たちは、真夏のオーストラリアで少し日焼けし、たくましい顔つきになった子どもたちを、家族が出迎え、その後、総合福祉センター「しゃるる」で解散式が行われました。南條宏教育長は「この研修で経験したこと、感じたことを、より多くの人に広めてほしい」と激励。副団長の工藤希美(のぞみ:とわの森三愛高校2年)さんは「このメンバーと研修ができて、大変良い思い出になりました。」と話し、その後、他の団員も、研修の報告を一言ずつ発表し「食や言語など普段体験できない異文化を知ることができた」「海外で出会った人たちとこれからも連絡を取り合って、また会いに行きたい」などと貴重な体験について堂々と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。