木札を取り合い真剣勝負*全町子どもかるた大会

2019年1月15日

 

 

栗山町青少年育成会(原田優司会長)主催の全町かるた大会が14日、カルチャープラザ「Eki」で行われました。今年は小学生4チームと中学生3チームの計7チームが参加。開会式では選手を代表して、櫻井こみちさんが「日頃の練習の成果を十分に発揮し、町内の仲間たちと交流を深め、栗山の子どもらしく、正々堂々競技します」と力強く宣誓しました。試合が始まると選手たちは、読み手の声に耳を澄まして木札を素早く取り合いました。小学生の部で優勝した栗山Aチームの鈴木ひかりさんは「初めて優勝を経験することができてとてもうれしかったです。次の大会も頑張ります」と話していました。 大会結果は次のとおりです。

 

◆小学生の部(敬称略)

優 勝 栗山Aチーム

(櫻井こみち・越前谷彩花・鈴木ひかり・中出煌希・中出惟月)

 

準優勝 角田月組チーム

(金丸昊大・水口優衣・山口泰生)

 

◆中学生の部(敬称略)

優勝 栗山Aチーム

(櫻井旅人・櫻井あずき・櫻井耕作)

 

準優勝 栗山Bチーム

(越前谷拓翔・中出雪月・櫻井万作)

 

※小学生の部・中学生の部それぞれ上位2チームは、1月26日(土)に歌志内市で開催される第22回北海道子どもかるた大会空知地区予選会に出場する予定です。

 

 

 

 

 

 

     ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。