農業青年の活動を講演*栗山町4Hクラブ

2019年3月1日

平成30年度地域生涯学習活動実践交流セミナー(北海道立生涯学習推進センター・北海道社会教育主事協議会主催)が札幌のかでる2.7で行われました。同セミナーは「住民の学びと活動の循環を促すための方策」をテーマに行われ、青年活動の事例として栗山町4Hクラブ(篠田雄太会長)が活動について発表。講演では、町内小学校でのうどん教室をはじめとした食育活動や昨年9月の胆振東部地震後に行った直売イベント「くりやままんぷく大作戦」の取り組みなどの活動を紹介。同クラブの篠田雄太会長は「さまざまな方々との繋がりによって活動ができている。今後も食の大切さや生産者の思いを広げていきたい」と話していました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。