新たに旅立つ61人*栗山高校で卒業式

2019年3月4日

栗山高等学校(髙橋尚紀校長)の第71回卒業式が1日に同校体育館で行われ、卒業生61人が3年間の思い出のつまった校舎を巣立ちました。在校生や保護者などの拍手で迎えられた卒業生は緊張の面持ちで入場。一人ひとりに髙橋校長から卒業証書が手渡されました。式辞で髙橋校長は「テクノロジーに振り回されたり、誤った使い方をしないよう自分をしっかり持ってほしい」と激励。卒業生を代表して堀井開斗さんは「先生方の指導、保護者の支えのおかげでこの栗山高校を巣立つことができます。今まで本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。