田植えで札幌市民と交流*田植え体験ツアー

2019年5月13日
そらち南農協青年部(國岡晃平部長)主催の田植え体験ツアーが11日、南学田の井澤智明宅の水田で行われました。同ツアーは昭和63年から始められ、今年で32回目。札幌市白石区の親子などを対象に関係者約100人が参加しました。町と札幌市白石区は、明治期に宮城県から入植した角田藩と同郷のつながりから定期的に交流を続けています。約150平方メートルの水田にゆめぴりかの苗を青年部の指導を受けながら丁寧に植えていました。また、同ツアーのスペシャルゲストに町出身でお笑いタレントのバービーさんが参加し盛り上げてくれました。今回初めて参加した小林謙心(けんしん)くん(小学5年生)は「田んぼに苗を植える深さが難しかった。秋の稲刈りツアーにも参加したい」と話してくれました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。