100歳まで歩ける足づくり*健足(けんそく)サロン

2019年7月12日
いつまでも元気に歩ける足づくりを目指して11日、理学療法士の杉田恵子さんを講師に招き、栗夢プラザで「健足サロン」が開かれました。参加した町民31人は、簡単なチェックリストを使って自分の足の健康状態を確認したり、ストレッチや体操の効果を得られる楽しいゲームなどを体験したりしました。杉田さんは「一人ひとりが自分に合う靴を選ぶことが大切。健康な足づくりのためにも、まずは自分の足のことを知ってほしい」と呼び掛けました。次回は7月25日で、今年度は全10回開かれる予定です。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。