住民票やマイナンバーカード等に旧氏(旧姓)が併記できます

2019年10月29日

 

令和元年115日から住民票や印鑑登録証明書、マイナンバーカード(通知カード)に旧氏(旧姓)が併記できます。

 

 

 

婚姻などで氏(姓)に変更があった場合でも、従来称してきた氏(姓)を住民票に併記記載することでマイナンバーカード等にも併記記載され、旧氏(旧姓)を公証する証明書として利用できるようになります。

 

 住民票に旧氏併記を希望される方は、住民保健課住民グループ(窓口1番)で手続きをしてください。

 

 

【旧氏(旧姓)とは】

 

 過去に称していた戸籍上の氏で、戸籍、または除かれた戸籍に記載がされているものの中から任意で選んだ氏(姓)が「旧氏(旧姓)」となります。

 

 住民票等に併記記載できる旧氏は1人1つです。

 

  

【申請方法】

 

 ・希望する旧氏(旧姓)が記載された戸籍謄本又は除籍謄本(改製原戸籍謄本)から現在の戸籍に至るまでの戸籍謄本等

 

 ・マイナンバーカードまたは通知カード

 

 ・本人確認書類(運転免許証等)

 

 

 

【リーフレット】 

 

 ・旧氏併記に関するリーフレット(表面).pdf(918KB)

 ・旧氏併記に関するリーフレット(裏面).pdf(440KB)

 

  

 

【関連リンク】

 

 ・総務省:住民票、マイナンバーカード等への併記について(外部リンク)

 

   http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/kyuuji.html

お問い合わせ

住民保健課
住民グループ
電話:0123-73-7509
ファクシミリ:0123-72-0843