美味しいコロッケを目指して*栗山小学校6年生コロッケづくり

2019年11月6日
栗山小学校の6年生76人が、5日、コロッケづくりを体験しました。特産品のコロッケを通して、地域の方々と協力しながら栗山の魅力を再発見するとともに、情報発信することが目的。子どもたちは全部で10の課に分かれ、コロッケの試作のほか、農家の方との打ち合わせ、パンフレットの作成、町内のお店へのチラシ・ポスターの掲載依頼などを手分けして行いました。コロッケの試作を担当した、1組の北原緩妃(やずき)さんは「コロッケを作るのは初めてですが、楽しいです。おいしいコロッケを考えたいです」と話していました。子どもたちが考案したコロッケは、12月6日の午前10時から、同校の駐車場で販売される予定です。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。