図書館宅配サービス「にこにこツバメ便」について

2020年3月14日

図書館では新型コロナウイルス対策として、臨時休校中の町内在住の子ども(0~15歳)を対象に、
図書の郵送(無料)宅配サービス「にこにこツバメ便」を開始しています。

 

【実施期間】

3月31日(火)まで

※3月19日(木)まででしたが延長します。

 

【利用条件】
・町内在住0~15歳の子どもの読書に利用する場合のみ

※大人の読書用の利用不可
・送付先は町内住所1カ所につき最大10冊かつ2キログラム以内
・貸出期間は1か月間
・返却は直接(返却用ポスト含む)もしくは郵送(利用者自己負担)

 

【実施目的】
緊急事態宣言を受けて自宅待機となる児童生徒に対して、読書環境の提供を行うこ
とで、待機期間の充実を図ると共に、心身の負担を軽減することをねらいとする。

 

【「にこにこツバメ便」の命名由来】
「春の季語でもあり、ツバメが巣をつくる家は居心地よく繁栄するなどの縁起が良い
いわれから、
「早く春(=感染の終息と希望の季節)が来るように」
「家で過ごす読書の時間が楽しく居心地の良いものであるように」などの願いをこめたものです。

 

 

※にこにこツバメ便について、詳しくはこちら