西洋画を技術で再現*株式会社エクセルシャノンが絵画を寄贈

2020年4月24日

  

株式会社エクセルシャノンが町に絵画を寄贈し、4月23日、役場応接室で贈呈式が行われました。寄贈されたのはモネの「アルジャントゥイユのレガッタ」。フランスの街アルジャントゥイユで行われたレガッタ(ボートレース)の様子を描いた一枚で、パリのオルセー美術館にある実物に似せた額縁で飾られています。同社が所属する「トクヤマグループ」の漆喰加工の技術を用いて印刷されたもので、2年前には佐々木学町長の町長就任祝いに、ゴッホ作「種まく人」の絵画を寄贈しています。寄贈した栗山工場の五十嵐勉工場長は「新しく、清々しいイメージがある絵を選びました」と話し、佐々木学町長は「多くの町民に見てもらえる場所に飾りたい」と話していました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。