栗山町月見草の会が手作りマスクを寄贈

2020年5月1日

  

栗山町月見草の会(高橋澄子会長)が、5月1日、手作りのマスク150枚を町に寄贈しました。町社会福祉協議会が用意した材料に加え、会員が家庭から持ち寄った布などを使い、裁断や縫製などの作業を分担して行いました。高橋会長は「また材料が手に入ればマスクを作りたいです」と話し、佐々木学町長は「福祉施設などで使ってもらいたい」と話していました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。