障がいを持つ方の就労を支援*「くりまるカフェ」オープン

2020年6月2日

特定非営利活動法人ハッピータウン(今井晃代表理事)が運営する福祉事業所「ワークサポート くりまる」で、6月2日に「くりまるカフェ」がオープンしました。同事業所では障がいを持つ方の就労継続支援事業として、町内の高齢者宅などに日替わり弁当を配達していますが、地域の方と直接触れ合える就労の場を作ろうと、カフェ事業を開始。旧ロッジ栗の木(中央2丁目)の建物を活用し、日替わり定食やカレーライスなどを提供します。今井代表理事は「骨を抜いた魚を使うなど、高齢者や子どもでも食べやすいように調理している。障がいを持つ方の就労支援の場でもあるので、町内だけでなく、町外からも働きに来てほしい」と話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。