コロナ対策に指定寄付*栗山建設協会

2020年6月4日
コロナ対策に指定寄付*栗山建設協会.jpg   

栗山建設協会(鵜川昌久会長)が町に50万円を寄付し、6月3日、役場応接室で贈呈式が行われました。新型コロナウイルス感染症対策として寄付するもので、医療従事者の感染予防などに使われます。鵜川会長は「建設業はコロナウイルスの影響は少ないが、一刻も早い収束のために役立ててほしい」と話し、佐々木学町長は「コロナの対策にあたる医療従事者の感染予防は重要なので、大切に使わせていただきます」とお礼を述べました。

 

 

                   ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。