さまざまな仕事の理解を深める*栗山高校で就職前職業ガイダンス

2020年6月18日
news-001.jpg 栗山高等学校(町田英謙校長)で6月17日、就職前職業ガイダンスが行われました。北海道と北海道就業支援センターが主催し、町内外の企業など16社が参加。2年生全員と就職希望の3年生が対象で、それぞれ興味のある分野から3社を選び、説明を受けました。3年生は17人が参加し、各企業の特色や仕事内容について、メモを取りながら真剣に話を聞き、実際に現場で使われる道具や商品に触れ、仕事に対する理解を深めました。3年2組の丸岩優斗さんは「それぞれの企業のお話を聞けて、とても参考になりました」と話していました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。