里山の環境を楽しく学ぶ*栗山キッズクラブが里山体験

2020年6月30日

ハサンベツ里山で6月28日、栗山キッズクラブ事業(町教育委員会主催)が行われました。栗山キッズクラブの子どもたちに加え、町民など約40人が参加。7月に羽化するホタルのため、幼虫のエサになるカワニナという貝を川の中から探しました。捕まえたカワニナは、場所を移して幼虫と一緒に放流したほか、その近くの湿原にミズバショウの苗を運び、植え替える作業をしました。また、火薬庫の沢の奥にある広場を秘密基地にする計画を立て、どんなことをしたいか話し合いました。参加した栗山小学校4年1組の大沼湊椛(みなも)さんは「ホタルの幼虫を見るのは初めて。秘密基地で遊ぶのが楽しみです」と話し、ハサンベツ里山計画実行委員会の高橋慎実行委員長は「カワニナがいなければホタルが増えるのは難しい。7月の観察会に向けて、川の環境を整備していきたい」と話していました。

 

 
里山の環境を楽しく学ぶ*栗山キッズクラブが里山体験

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。