ゴミの分別について

2014年8月28日

受理日:2014/7/24

受付番号:7

 

受理内容:

 鍋のふたがガラスになっているが、まわりは金属になっているので役場に確認をして駅へ持っていく途中、知人が黒の袋に入れたら収集されたとの事でした。役場担当者と収集車担当の方とが異なると出す方は迷ってしまいます。鍋のふただけではなく他にも異なる件があると思います。お互いの統一した分類のために話し合いなどがあるのでしょうか。役場担当者と収集車担当者の方が異なっていると一番こまるのは出す方ですので、その点を教えてください。

 

発信者:60代女性

回答日:2014/8/4

 

回答:

 お問合せいただきました、「ガラス製で周りに金属がついている鍋のふた」につきましては、①ガラスとして拠点回収で処理する、②金属として黒印字の指定袋に入れて処理する2種類の処理方法があります。
 どちらの処理方法につきましても、ステーション回収、拠点回収を経て資源リサイクルセンターに集め、ガラス・金属に再分別を行い出荷しています。
 今回の鍋のふたのように、2種類の処理方法があるものについては、その都度収集業者と意見交換をしながら進めております。
 結論としましては、金属として回収すると収集の際に割れてしまう危険性もあることから、拠点回収で処理する事とし、広報等により周知を図ってまいります。