自転車の交通ルールについて

2015年8月7日

受理日:2015/7/22

受付番号:17

 

受理内容:

広報くりやま7月号ちらしより改正道路交通法14項中、次の項目についてお訊ねします。

A、①松風中央3.4交差点、車道大通り直進の場合「車道の信号機」「自転車横断帯の信号機」どちらの信号機で判断すると安全で信号無視になりませんか

B、③と⑪の違いは

C、④具体的に

D、⑨環状交差点のみのことですか

その他

1.手信号の必要性について

2.自転車横断帯必要性?

3.自転車での横断歩道の渡り方?

 

 

発信者:80代男性

回答日:2015/8/7

 

回答:

 

A、①信号無視・松風、中央3・4交差点について
車道を自転車で走行する場合は車道信号機で、歩道を走行する場合は歩行者用信号機の指示で通行して下さい。

 

B、③と⑪の違いについて
③は自転車通行が認められている歩行者専用道路で、⑪は一般の歩道のことです。

 

C、④の詳細について
車両は左側通行ですから、右側通行は逆走となります。なお、歩道上で自転車を走行するときは、車道寄り又は通行指定部分を徐行して下さい。

 

D、⑨環状交差点について
環状交差点のみです。(栗山にはありません。)

 

その他

1、 手信号の必要性について
走行車両・自転車・歩行者に対し手信号により注意・安全を喚起するため必要です。

2、 自転車横断帯の必要性について
横断歩行者の安全確保のため必要です。

3、 自転車での横断歩道の渡り方について
基本的には、自転車を降りて押して横断して下さい。