自然体験フィールド

ハサンベツ里山再生地区

ハサンベツ里山再生地区市街地に隣接した栗山町ハサンベツ地区一帯は、「人と自然との共生」をテーマとした自然体験教育フィールドです。平成11年から、離農跡地であったハサンベツ地区24haを舞台に、自然環境の復元を目的に、町民主体のハサンベツ里山計画が実践されています。ホタル・トンボ水路の整備、子供たちが遊べる小川や体験田んぼの造成、ハサンベツ川の環境再生、湿性植物繁殖地の造成と移植、雑木林の復元など、20年後の子どもたちに残す森と川づくりが進められ、四季折々の動植物がつくり出す里山の風景が広がっています。
また、町内外の小中学生や大学生を対象とする自然体験教育のフィールドとしても多く活用され、毎年1,500人を超える受け入れを誇ります。平成22年度には農林水産省「立ち上がる農山漁村」の事例指定、平成22年度には、環境大臣表彰を受けています。

施設情報

所在地 栗山町桜丘3丁目
利用期間 5月上旬〜11月下旬 ※5〜11月の第2日曜日が里山作業日(参加自由)
見学は自由ですが、事前にご連絡をいただければ指導者がご案内します。
設備 駐車場20台、トイレ(バイオトイレ)、里山センター(休憩室)
問い合わせ先 栗山町教育委員会社会教育グループ TEL 0123-72-1117
アクセス JR栗山駅より車で約10分

ハサンベツ地区の主な体験例 ※全て事前に要相談

  • 小川での水生生物調査体験
  • 里山づくり体験(間伐、薪割り、薪切り体験など)
  • 植樹体験
  • ナイトハイキング
  • ヘイケボタルの観察(7月中旬〜8月上旬) など
看板 全景    
看板 水生生物調査の模様    

自然体験フィールド・施設一覧へ戻る