議会の役割について

地方議会は、地方自治法により設置が義務付けられており、住民の直接選挙により選出された議員で構成される合議体で、次のような役割を担っています。

1.住民を代表する機関

住民全員が集まって、自分たちの町のことについて議論し、決定することが望ましいことですが、現実的に不可能であるため、選挙で自分たちの代表を選んで行政について議論し、決定するという間接民主制(議会制民主主義)を採っています。議員は、住民の代表として地域のために、また、住民福祉の向上に努めることがその役割です。

2.地方公共団体の意思を決定する機関

議会は、町長から提出される予算、決算、条例の制定・改廃、町が締結する契約などを審議し、その可否を決定する権限を有しています。議会は、住民に対する行政サービスの提供の最終決定者であると同時に、議会と町は、栗山町の発展、住民福祉の向上のためにアイデア、知恵を出し合い、お互いに協調していく必要があります。

3.提言する機関

議会は、町長から提出された議案に対し、その可否を判断するばかりでなく、議員にも条例の制定や改廃等の提案権があります。住民の代表であり、身近な存在である議員が、地域の状況と町の施策を確認・調査し、それを議会で議論するとともに町長に提言することで、行政サービスの向上を図ることができます。

4.地方公共団体の内部機関

地方公共団体は、執行機関と議決機関(議会)で構成されています。執行機関と議決機関は対等であるといいつつも、栗山町を代表するのは町長です。議会が議論を尽くし議案を可決しても、それを栗山町の施策として対外的に実行するのは町長です。議会は、縁の下の力持ち的な役割を担っていると言ってもよいでしょう。

5.公益に関する機関意思を決定する機関

議会の重要な役割のひとつとして、国の各省庁や国会などに、公益に関することについて意見書を提出することができます。議会は、住民の代表として住民の総意を背景に意見書を可決することは議会にとって重みのあることです。また、特定の問題について、多くの地方議会が意見書を可決して関係行政庁や国会に提出することは、問題解決の糸口につながっていくものであり、住民が目的実現のために議会と協調していくことが必要です。

このページの先頭へ