平成26年第2回栗山町議会定例会会議録(第1日目)

                  平成26年3月3日 午前 9時30分開会

1、出席議員は次のとおりである。
     1番  八 木 橋  義  則  君
     2番  友  成  克  司  君
     3番  大  井  賢  治  君
     4番  三  田  源  幸  君
     5番  小  寺     進  君
     6番  大  西  勝  博  君
     7番  大  平  逸  男  君
     9番  藤  本  光  行  君
    10番  楢  ア  忠  彦  君
    11番  置  田  武  司  君
    12番  重  山  雅  世  君
    13番  鵜  川  和  彦  君

2、欠席議員は次のとおりである。

3、本会議に出席従事した職員は次のとおりである。
    事 務 局 長  衣  川  秀  敏
    事 務 局 主 査  桑  島  克  典

4、地方自治法第121条第1項の規定による説明員は次のとおりである。
    町     長       椿  原  紀  昭  君
    副  町  長       花  田  正  博  君
    総 務 課 長       住  友     茂  君
    総 務 課 主 幹       岡  田  三  郎  君

    まちづくり総括兼      佐 々 木     学  君
    経営企画 課 長

    経営企画課主幹       三  浦     匠  君
    税 務 課 長       千  葉  清  己  君
    税金対策 室 長       松  田  孝  之  君
    税金対策室主幹       高  間  嘉  之  君
    出 納 室 長       鈴  木  利  一  君
    継立出張 所 長       清  水  一  徳  君
    環境生活 課 長       山  代  賢  治  君
    住民福祉 課 長       近  藤  光  弘  君
    住民福祉課主幹       室  永  栄  子  君
    住民福祉課主幹       秦  野  加 寿 彦  君

    地 域 医 療・        小  野     司  君
    保健対策 室 長                              

    地 域 医 療・        金  子     宏  君
    保健対策室主幹                              

    建設水道 課 長       片  山  伸  治  君
    建設水道課主幹       今     政  樹  君
    産業振興 課 長       森     英  幸  君
    産業振興課主幹       日  蔭  敏  美  君

    産業建設総括兼       山  本  信  二  君
    くりやまブランド推進室長               

    教 育 委 員 長       湯  地  定  暁  君
    教  育  長       鈴  木  紀  元  君
    教 育 次 長       水  上  州  洋  君
    介護福祉学校事務局長    中  野  和  広  君
    監 査 委 員       谷  田  進 太 郎  君
    選挙管理委員長       村  上     哲  君

    選挙管理委員会       住  友     茂  君
    書  記  長

    農業委員会会長       田  村  繁  則  君

    農 業 委 員 会       松  本  俊  哉  君
    事 務 局 長               

5、本会議の付議事件は次のとおりである。
  会議録署名議員の指名                          
  議会運営委員会報告                           
  会期の決定                               
  諸般の報告                               
  @会務報告                               
  A監査報告                               
  議案第 3号 栗山町第5次総合計画の一部変更について          
  議案第 4号 平成25年度栗山町一般会計補正予算(第9号)       
  議案第 5号 平成25年度栗山町国民健康保険特別会計補正予算(第4号) 
  議案第 6号 平成25年度北海道介護福祉学校特別会計補正予算(第4号) 
  議案第 7号 平成25年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第5号)   
  議案第 8号 平成25年度栗山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
  議案第 9号 平成25年度栗山町水道事業会計補正予算(第2号)     
  議案第10号 平成25年度栗山町下水道事業会計補正予算(第2号)    
  平成26年度教育行政執行方針                      
  議案第11号 栗山町第5次総合計画の一部変更について          
  議案第12号 平成26年度栗山町一般会計予算              
  議案第13号 平成26年度栗山町国民健康保険特別会計予算        
  議案第14号 平成26年度北海道介護福祉学校特別会計予算        
  議案第15号 平成26年度栗山町介護保険特別会計予算          
  議案第16号 平成26年度栗山町後期高齢者医療特別会計予算       
  議案第17号 平成26年度栗山町水道事業会計予算            
  議案第18号 平成26年度栗山町下水道事業会計予算           
  陳情第 1号 「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」採択を求める陳情  
                           開会 午前 9時30分
                                

    開会の宣告
議長(鵜川和彦君) 議員の出欠状況につきましては、事務局長の報告のとおり定足数に達していますので、ただいまから平成26年第2回栗山町議会定例会を開会いたします。

                                   

    開議の宣告
議長(鵜川和彦君) 直ちに本日の会議を開きます。

                                   

    会議録署名議員の指名
議長(鵜川和彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には、9番、藤本議員、10番、楢ア議員のご両名を指名いたします。

                                   

    議会運営委員会報告
議長(鵜川和彦君) 日程第2、栗山町議会運営委員会より、このたびの定例議会の運営等、別添のとおり報告書がお手元に配付されておりますので、ごらんいただきたいと存じます。

                                   

    会期の決定
議長(鵜川和彦君) 日程第3、会期の決定についてを議題に供します。
 お諮りいたします。会期の決定につきましては、議会運営委員会の報告のとおり本日から20日までの18日間と決定いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、会期は本日から20日までの18日間と決定いたします。

                                   

    諸般の報告
議長(鵜川和彦君) 日程第4、諸般の報告に入ります。
 会務報告につきましては、事務局長より報告いたさせます。
 局長。
議会事務局長(衣川秀敏君) 本会議の議件は、議事日程のとおり、議案第3号 栗山町第5次総合計画の一部変更について外16件の予定であります。議会側からの案件は、意見書案外の提案を予定をしております。
 地方自治法第121条第1項の規定による説明員は、町長並びに町長の委任を受けた副町長、各課所長、教育委員長並びに同委員長の委任を受けた教育長、教育次長、事務局長、農業委員会長並びに同会長の委任を受けた事務局長、監査委員、選挙管理委員長並びに同委員長の委任を受けた書記長であります。
 さきの臨時会報告後の会務につきましては、別紙プリントのとおりであります。
議長(鵜川和彦君) 次に、監査報告をいたします。
 例月出納監査の報告ですが、お手元に配付のとおりです。ごらんいただきたいと存じます。

                                   

    議案第3号
議長(鵜川和彦君) 日程第5、議案第3号 栗山町第5次総合計画の一部変更についてを議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第3号 栗山町第5次総合計画の一部変更について提案理由をご説明申し上げます。
 栗山町第5次総合計画(平成20年2月20日議決)の一部変更について、栗山町自治基本条例第25条第3項及び栗山町議会基本条例第8条第1号の規定により本議会の議決を求めるものであります。
 今回変更させていただく内容は、主要事業の追加3件であります。なお、今回変更をいたしました主要事業の具体的事業内容につきましては、この後の議案第4号 平成25年度栗山町一般会計補正予算(第9号)においてご説明をいたします。
 それでは、計画の変更内容についてご説明申し上げます。1ページをお開きください。政策区分、5、産業、(1)、農林業、施策、B、生産性の高い農業・農地整備におきまして、主要事業として担い手への農地集積推進事業を追加するものであります。事業期間は、平成25年度から平成26年度までであります。
 施策、C、農業生産基盤の整備におきまして、主要事業として道営南角田北部地区経営体育成基盤整備事業を追加するものであります。事業期間は、平成25年度から平成26年度までであります。
 政策区分6、都市基盤、(3)、道路網(道路・橋梁)、施策、A、道路環境の維持・向上におきまして、主要事業として道路ストック総点検事業を追加するものであります。事業期間は、平成25年度から平成26年度までであります。
 以上、主要事業の追加3件であります。
 また、別添資料として、今回追加をした主要事業及び事業費に変更のある主要事業の一覧を提出しておりますので、ご参照いただきたいと思います。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第3号 栗山町第5次総合計画の一部変更について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第3号については、原案どおり決定いたしました。

                                     

    議案第4号
議長(鵜川和彦君) 日程第6、議案第4号 平成25年度栗山町一般会計補正予算(第9号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第4号 平成25年度栗山町一般会計補正予算(第9号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,072万5,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ84億761万9,000円とするものであります。
 補正の主な内容は、2款総務費におきまして、減債基金積立金の追加等に係る補正であります。
 3款民生費は、地域密着型介護老人福祉施設整備補助金の減額等に係る補正であります。
 4款衛生費は、栗山赤十字病院設備整備補助金の減額等に係る補正であります。
 6款農林水産業費は、経営体育成基盤整備事業費負担金の追加等に係る補正であります。
 7款商工費は、中小企業原料等高騰関連融資保証料補給の追加等に係る補正であります。
 8款土木費は、町道除雪委託の追加等に係る補正であります。
 9款消防費は、南空知消防組合負担金の減額に係る補正であります。
 10款教育費は、北海道介護福祉学校特別会計繰出金の追加等に係る補正であります。
 11款災害復旧費は、補助災害復旧事業の減額に係る補正であります。
 12款公債費は、長期債償還利子の減額等に係る補正であります。
 事項別明細につきましては、副町長より説明いたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 副町長。
            〔副町長 花田正博君登壇〕
副町長(花田正博君) それでは、事項別明細についてご説明申し上げます。
 15ページをお開きください。まず、歳出についてご説明いたします。1款1項1目9節旅費の30万円の補正は、議員費用弁償の実績減によるものであります。
 2款1項1目8節報償費の494万円の補正は、ふるさと納税者記念品につきまして寄附件数がこれまでの見込みを上回っていることから今後必要額を追加するものであります。11節需用費の49万円の補正は、庁舎用燃料費及び光熱水費の実績見込みによるものであります。14節使用料及び賃借料の20万6,000円の補正は、研修派遣者の住宅借り上げ料の更新に伴う追加であります。19節負担金補助及び交付金の18万2,000円の補正は、職員研修参加等負担金の実績減によるものであります。25節積立金の2,260万2,000円の補正は、公共施設建設基金、土地開発基金及びふるさと応援基金の積立金利子確定、総務寄附金をふるさと応援基金に積み立て、さらに分譲地売払収入を減債基金へ積み立てることによる追加であります。
 4目13節委託料の40万6,000円の補正は、町有財産管理業務の実質減によるものであります。15節工事請負費の111万3,000円の補正は、角田保育所及び職員住宅の解体工事にかかわる入札執行残によるものであります。
 5目13節委託料の114万5,000円の補正は、町有林保育管理業務の実績減によるものであります。
 6目25節積立金の517万4,000円の補正は、後ほど歳入でご説明いたします総務寄附金及び教育寄附金を財政調整基金に積み立てることによる積立金の追加、さらに財政調整基金積立金及び繰りかえ運用の利子の確定による追加であります。
 9目6節恩給及び退職年金費の43万7,000円の補正は、退隠料受給者がご逝去されたことに伴う減額であります。
 16ページをお開きください。11目15節工事請負費の16万5,000円の補正は、道路警戒標識等設置工事の入札執行残によるものであります。
 13目8節報償費の33万1,000円の補正は、総合計画策定にかかわる講師謝礼及びまちづくり事業にかかわる謝礼の実績減によるものであります。9節旅費の2万1,000円の補正は、総合計画策定にかかわる先進地視察の実績減によるものであります。11節需用費の5万円の補正は、総合計画策定にかかわる分野別懇談会におけるお茶代の実績減によるものであります。12節役務費の18万1,000円の補正は、総合計画策定にかかわる町民アンケート郵便料の実績減によるものであります。18節備品購入費の2万9,000円の補正は、フットパス案内看板の購入実績減によるものであります。19節負担金補助及び交付金の34万7,000円の補正は、まちづくり地域交付金の実績減によるもので、起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 17目国際交流費は、当初予算で計上しております栗山少年ジェット派遣補助金への財団法人北海道市町村振興協会助成金充当に伴う財源振りかえであります。
 18目2節給料の656万円の補正は、職員の退職及び育児休業に伴う一般職給の減額であります。3節職員手当等の534万2,000円の補正は、時間外手当の実績見込みによる追加であります。4節共済費の658万3,000円の補正は、共済組合負担金の負担率改定による減額であります。8節報償費の177万9,000円の補正は、嘱託職員3名の退職に伴う報償金の追加であります。19節負担金補助及び交付金の67万円の補正は、職員の退職等に伴う北海道市町村職員退職手当組合負担金の減額であります。
 19目18節備品購入費の212万9,000円の補正は、町営バス購入の入札執行残によるもので、起債額確定による財源振りかえもあわせて行っております。
 21目11節需用費の56万円の補正は、防災訓練用食料の実績減及び防災備蓄用食料入札執行残によるものであります。14節使用料及び賃借料の30万7,000円の補正は、衛星電話借り上げ及び安否確認システム使用料の実績減によるものであります。18節備品購入費の38万円の補正は、防災備蓄用資機材の入札執行残によるものであります。なお、21目防災対策費におきましては、後ほど歳入でご説明いたします地域づくり総合交付金及び起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 22目25節積立金の2,000円の補正は、地域の元気臨時交付金基金の積立金利子確定による追加で、起債額の確定及び基金繰入額の確定による財源振りかえもあわせて行っております。
 17ページをごらんください。3項1目13節委託料の27万4,000円の補正は、戸籍総合システム及び住民基本台帳ネットワークシステムにかかわる保守業務の実績減によるものであります。14節使用料及び賃借料の17万7,000円の補正は、住民基本台帳ネットワークシステム借り上げ料の実績減によるものであります。
 4項2目1節報酬から18節備品購入費までの合わせて113万円の補正は、昨年7月に執行されました参議院議員通常選挙の実績減によるものであります。
 5項1目11節需用費の4万4,000円の補正は、毎年作成しておりますポケット統計の発行時期を5月に変更し、本年度中の作成を行わないことから全額減額するものであります。
 18ページをお開きください。2目1節報酬の7万4,000円の補正は、工業統計調査員の報酬単価減に伴うものであります。
 3款1項1目28節繰出金の1,243万2,000円の補正は、財政安定化支援事業等の実績に基づく国民健康保険特別会計繰出金の減額及び介護給付費等の実績に基づく介護保険特別会計繰出金の減額であります。なお、1目社会福祉総務費におきましては、当初予算で計上しております街路灯設置費、街路灯電気料補助金及び栗山町社会福祉協議会補助金の起債額確定による財源振りかえもあわせて行っております。
 2目8節報償費の25万8,000円の補正は、長寿祝金及び地域密着型介護老人福祉施設法人選考委員会委員等謝礼の実績減によるものであります。12節役務費の6万6,000円の補正は、インターネット・ネットワーク管理維持手数料の実績減によるものであります。13節委託料の120万円の補正は、高齢者等介護予防・生活支援事業につきましては高齢者除雪サービスの利用実績に基づく減額、緊急通報受信センター業務につきましては利用者数の減少に伴う減額であります。19節負担金補助及び交付金の1,236万円の補正は、養護老人ホーム泉徳苑個室化整備及び地域密着型介護老人福祉施設整備の入札執行に伴い補助金を減額するもので、起債額確定による財源振りかえもあわせて行っております。20節扶助費の278万7,000円の補正は、老人福祉施設措置費及び高齢者介護福祉金の実績減によるものであります。
 3目20節扶助費の90万円の補正は、ひとり親家庭等医療費助成の実績減によるもので、起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 4目13節委託料の34万2,000円の補正は、重度心身障害者医療費審査支払事務及び移動支援事業については実績減によるもの、障害者福祉システム改修につきましては法改正に伴うもので、事業費全額を次年度への繰越明許費としてお願いするものであります。20節扶助費の952万2,000円の補正は、重度心身障害者医療費助成につきましては実績減によるもので、起債額確定による財源振りかえもあわせて行っております。福祉ハイヤー利用料金助成及び障害者自立支援医療費につきましては、実績減によるものであります。
 19ページをごらんください。6目13節委託料の18万6,000円の補正は、居宅予防支援事業の実績見込みによる追加であります。
 2項1目13節委託料の183万6,000円の補正は、子ども・子育て支援新制度に対応するため保育料システムの改修を行うもので、全額国庫補助金を受け実施するものであります。なお、事業費全額を次年度への繰越明許費としてお願いするものであります。20節扶助費の590万円の補正は、児童手当及び乳幼児医療費助成等の実績見込みによるものであります。なお、1目児童福祉総務費におきましては、乳幼児医療費助成の起債額確定による財源振りかえもあわせて行っております。
 2目7節賃金の45万6,000円の補正は、入所児童数増に伴う保育士の配置数増による追加であります。11節需用費の429万5,000円の補正は、燃料費及び光熱水費につきましては実績見込みによる追加、修繕料につきましては継立保育所ホールの暖房設備が故障したことに伴う修繕及び入所時の安全性を高めるため正面玄関をオートロックにするものであります。なお、継立保育所の施設修繕に関しましては、このほかに水道管の漏水が確認され、この修繕も必要となっておりますが、冬期間のため修繕箇所の特定が難しい状況にあります。このため4月以降新年度に入りますが、施設移管前の知り得る瑕疵に当たるものとして修繕箇所を特定次第補正予算を提案させていただきたいと考えております。13節委託料の8万9,000円の補正は、入所児童数の増に伴う広域保育の追加であります。18節備品購入費の38万2,000円の補正は、継立保育所のガスレンジの経年劣化が著しいことからこれを更新するものであります。19節負担金補助及び交付金の51万3,000円の補正は、一時保育事業の実績見込み及び障害児担当保育士の配置数増に伴う私立保育所運営費補助金の追加であります。
 4款1項1目20節扶助費の45万円の補正は、特定不妊治療費助成件数の減によるものであります。
 2目11節需用費の202万5,000円の補正は、ポリオワクチン等予防接種事業にかかわる医薬材料費の実績減によるものであります。13節委託料の120万2,000円の補正は、予防接種及び総合健診にかかわる受診者数の実績減によるものであります。
 3目19節負担金補助及び交付金の138万円の補正は、合併処理浄化槽設置整備事業補助金の実績減によるものであります。なお、3目環境衛生費におきましては、当初予算で計上しております再生可能エネルギー可能性調査及び住宅用太陽光発電システム設置補助金への起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 20ページをお開きください。4目1節報酬の11万2,000円の補正は、地域医療対策委員会の実績減によるものであります。9節旅費の22万6,000円の補正は、医師招聘及び先進地視察の実績減によるものであります。19節負担金補助及び交付金の910万円の補正は、栗山赤十字病院設備整備の入札執行に伴い補助金を減額するものであります。
 2項2目11節の需用費の104万7,000円の補正は、炭化施設等にかかわる燃料費の実績見込みによる追加であります。13節委託料の24万7,000円の補正は、堆肥分析業務及び炭化施設ガス・炭分析の入札執行残によるものであります。
 6款1項1目農業委員会費の11万9,000円の補正は、農業委員の交代に伴う報酬及び費用弁償の追加であります。
 2目19節負担金補助及び交付金の148万7,000円の補正は、まず農地集積協力金につきましては担い手への農地集積推進事業に基づき地域の農地集積に協力する農地所有者に対し協力金として補助するものであります。また、環境保全型農業直接支払交付金につきましては、取り組み団体の事業費確定に伴う減額であります。
 3目13節委託料の170万円の補正は、栗山町農業振興公社の新規就農受け入れ態勢整備委託事業の実績減によるものであります。19節負担金補助及び交付金の778万9,000円の補正は、平成24年度及び平成25年度農業振興資金利子助成につきましては借入額確定によるものであります。景観緑肥モデル事業補助金につきましては実績による減額で、財団法人北海道市町村振興協会助成金充当に伴う財源振りかえもあわせて行っております。米乾燥調製施設増設事業につきましては、入札執行に伴う補助金を減額するものであります。経営体育成支援事業補助金につきましては、農業者が規模拡大等に必要となる農業機械の導入に対し経費の一部を補助するもので、全額道補助金を受けて実施するものであります。なお、3目農業振興費におきましては、当初予算で計上しております景観緑肥モデル事業の補助金及び米乾燥調製施設増設事業補助金の起債額確定による財源振りかえ並びに水稲直まき機導入事業への起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 4目19節負担金補助交付金の5,105万4,000円の補正は、道営杵臼南部地区経営体育成基盤整備事業ほか負担金事業5地区の事業費確定及び道営南角田北部地区の追加によるものであります。なお、負担金事業7事業につきましては、事業費の一部を次年度への繰越明許費としてお願いするものであります。
 21ページをごらんください。5目19節負担金補助及び交付金の150万円の補正は、青年就農給付金事業補助金において対象者がいなかったことによる減額であります。25節積立金の7万7,000円の補正は、農業教育振興基金の積立金利子確定による追加であります。
 7款1項1目19節負担金補助及び交付金の63万6,000円の補正は、中小企業振興資金の保証料補給及び利子補給の実績に伴う減額、また中小企業原料等高騰関連融資利子補給の実績に伴う減額、さらに中小企業原料等高騰関連融資保証料補給の実績見込みによる追加であります。なお、1目商工振興費におきましては、当初予算で計上しております商店街振興対策事業ほか4事業への起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 8款2項2目11節需用費の40万円の補正は、街路灯及びロードヒーティングにかかわる電気料の実績見込みによる追加であります。15節工事請負費の16万5,000円の補正は、町道補修工事の入札執行残によるものであります。
 3目11節需用費の380万円の補正は、除雪車両用燃料費の実績見込みによる追加及び除雪機の修繕料の追加であります。22ページをお開きください。13節委託料及び14節使用料及び賃借料の合わせて7,530万円の補正は、大雪の影響により除雪業務委託料及び除排雪にかかわる重機等の借り上げ料が当初見込みを上回っていることから、今後対応分も含め追加するものであります。18節備品購入費の674万7,000円の補正は、ロータリー除雪車購入の入札執行残によるものであります。
 5目13節委託料の780万9,000円の補正は、湯地継立線道路改良事業ほか各道路事業の調査設計にかかわる入札執行残、また道路施設の適切な維持管理を行うため路面性状調査など道路ストックの総点検を行うもので、事業費を全額次年度へ繰越明許費としてお願いするものであります。15節工事請負費及び17節公有財産購入費の合わせて1,995万8,000円の補正は、湯地継立線道路改良事業ほか各道路事業の実績減によるものであります。
 4項1目13節委託料の54万7,000円の補正は、景観計画策定及び緑の基本計画中期見直しの入札執行残によるものであります。
 2目11節需用費の20万円の補正は、公園管理にかかわる光熱水費の実績減によるものであります。13節委託料の69万1,000円の補正は、児童公園管理の入札執行残によるものであります。15節工事請負費の51万2,000円の補正は、都市公園施設改築更新工事の入札執行残によるものであります。
 3目13節委託料の12万1,000円の補正は、墓園管理の入札執行残によるものであります。
 5項1目住宅総務費は、当初予算で計上しております人にやさしい住宅助成事業への起債充当による財源振りかえであります。
 3目13節委託料及び15節工事請負費の合わせて470万円の補正は、松栄団地新築工事等の入札執行残によるものであります。22節補償補填及び賠償金の69万6,000円の補正は、松栄団地建てかえに伴う移転補償の実績減によるものであります。
 23ページをごらんください。9款1項1目19節負担金補助及び交付金の4,332万2,000円の補正は、南空知消防組合の事業精査によるものであります。
 10款1項4目18節備品購入費の220万1,000円の補正は、スクールバス購入の入札執行残によるものであります。25節積立金の4万8,000円の補正は、子ども夢づくり基金の積立金利子確定による追加であります。
 5目28節繰出金の245万6,000円の補正は、北海道介護福祉学校特別会計の財源調整に伴う繰出金の追加であります。
 2項1目11節需用費の175万9,000円の補正は、各小学校の燃料費及び光熱水費の実績見込みによるものであります。
 3項1目11節需用費の189万円の補正は、各中学校の燃料費の実績見込みによるものであります。
 4項1目19節負担金補助及び交付金の5万3,000円の補正は、栗山町女性団体連絡会が昨年3月末をもって解散したことから、補助金全額を減額するものであります。
 2目研修講座費につきましては、町民講座事業へのふるさと応援基金繰り入れによる財源振りかえであります。
 4目13節委託料及び14節使用料及び賃借料の合わせて41万円の補正は、図書館システムの更新時期延長に伴う保守業務、借り上げ料及び使用料の減額であります。
 5目25節積立金の23万6,000円の補正は、文化振興基金の積立金利子確定による追加であります。
 6目13節委託料の12万6,000円の補正は、農村環境改善センター耐震補強設計の入札執行残によるものであります。
 9目19節負担金補助及び交付金の70万円の補正は、ハサンベツ里山20年計画事業への指定寄附金をハサンベツ里山計画実行委員会に補助するものであります。なお、9目自然教育振興費におきましては、ふるさと体験事業への起債充当による財源振りかえもあわせて行っております。
 24ページをお開きください。12目都市農村共生・対流推進事業費は、さきに補正予算で計上しております雨煙別小学校コカ・コーラ環境ハウス改修事業の起債額確定による財源振りかえであります。
 5項2目11節需用費の349万2,000円の補正は、栗山町民球場改修の修繕工法変更による減額であります。13節委託料の22万2,000円の補正は、栗山ダムパークゴルフコース増設分の指定管理料確定に伴う減額であります。
 4目11節需用費の15万8,000円の補正は、スキー場圧雪車にかかわる燃料費の実績見込みによる追加であります。
 5目11節需用費の159万1,000円の補正は、給食センターの施設用及び自動車用燃料費、さらに施設用光熱水費の実績見込みによる追加であります。
 11款1項1目13節委託料の150万円の補正は、補助災害普及事業にかかわる実施設計につきまして本年度執行がなかったことによるものであります。
 12款1項1目23節償還金利子及び割引料の400万円の補正は、本年度借り入れいたしました第三セクター等改革推進債にかかわる長期債償還元金の追加であります。
 2目23節償還金利子及び割引料の480万6,000円の補正は、平成24年度債の借り入れ利率確定及び過年度債の利率見直し等による長期債償還利子の減及び繰りかえ運用に伴う基金借入金の利子確定による追加であります。
 13款1項1目23節償還金利子及び割引料の補正についてご説明いたします。昨年より全国の複数の自治体で還付加算金にかかわる未払いの事例が発生しており、本町における還付事務手続を確認したところ、同様に未払いの発生していることが判明いたしました。原因につきましては、地方税法の適用条項の誤りで、納め過ぎとなった町、道民税等の還付を行う場合には加算金算定のための起算日を納付のあった日の翌日とすべきところを所得税の更正の通知がされた日の翌日から起算して1カ月を経過する日の翌日と誤ったことによるものであります。未払い件数につきましては、個人町、道民税におきましては31件13万5,800円、国民健康保険税におきましては39件11万2,300円、介護保険料におきましては2件2,300円となっております。補正額につきましては、一般会計において14万円の追加をお願いし、国民健康保険特別会計におきましては11万3,000円の追加、介護保険特別会計におきましては既定予算の中で対応とさせていただくものであります。今後未払い対象者に対しまして文書通知と個別のおわびを早急に実施し、還付手続を行うとともに、再発防止策を講じ適正な事務処理に努めてまいりたいと考えております。
 10ページをお開きください。次に、歳入についてご説明いたします。10款1項1目1節普通交付税の6,156万4,000円の補正は、交付額の確定によるものであります。
 12款1項3目1節給食費負担金の330万円の補正は、実績見込みによる減額であります。
 14款1項1目1節児童手当負担金の412万9,000円の補正は、歳出3款でご説明いたしました児童手当の実績減による国庫負担金の減額であります。2節社会福祉費負担金の235万9,000円の補正は、歳出3款でご説明いたしました国民健康保険特別会計繰出金にかかわる基盤安定支援分の確定及び障害者自立支援医療費の実績減に伴う国庫負担金の減額であります。
 2項1目1節社会福祉費補助金の29万6,000円の補正は、地域生活支援事業費につきましては歳出3款でご説明いたしました医療支援事業費の実績減による国庫補助金の減額、さらに障害者総合支援事業費につきましては同じく歳出3款でご説明いたしました障害者福祉システム改修にかかわる国庫補助金の追加であります。2節児童福祉費補助金の183万6,000円の補正は、歳出3款でご説明いたしました子ども・子育て支援新制度に対応する保育料システムの改修にかかわる国庫補助金の追加であります。
 2目1節保健衛生費補助金の38万1,000円の補正は、歳出4款でご説明いたしました合併処理浄化槽の設置数減に伴う国庫補助金の減額であります。
 3目1節道路橋梁費補助金の1,031万5,000円の補正は、歳出8款でご説明いたしました湯地継立線道路改良事業ほか4事業の実績に基づく国庫補助金の減額及び道路ストック総点検事業にかかわる国庫補助金の追加であります。2節住宅費補助金の1,979万3,000円の補正は、歳出8款でご説明いたしました公営住宅建設事業及び人にやさしい住宅助成事業の事業費確定に基づく国庫補助金の追加であります。
 4目1節教育総務費補助金の32万9,000円の補正は、歳出10款でご説明いたしましたスクールバス購入の実績に基づく国庫補助金の減額であります。
 11ページをごらんください。2節社会教育費補助金の4万2,000円の補正は、歳出10款でご説明いたしました農村環境改善センター耐震補強事業の実績に基づく国庫補助金の減額であります。
 3項1目2節選挙費委託金の109万1,000円の補正は、歳出2款でご説明いたしました参議院議員通常選挙費の実績に基づく国庫委託金の減額であります。
 15款1項1目1節社会福祉費負担金の298万6,000円の補正は、先ほどの国庫負担金と同様国民健康保険特別会計繰出金にかかわる基盤安定支援分の確定及び障害者自立支援医療費の実績減に伴う道負担金の減額であります。2節児童手当負担金の88万6,000円の補正は、先ほどの国庫負担金と同様児童手当の実績減による道負担金の減額であります。
 2項1目1節総務管理費補助金の300万円の補正は、歳出2款でご説明いたしました防災備蓄用食料及び備品にかかわる道補助金の追加であります。
 2目1節社会福祉費補助金の282万1,000円の補正は、歳出3款でご説明いたしました重度心身障害者医療費助成及びひとり親家庭等医療費助成並びに地域生活支援事業の実績に基づく道補助金の減額、さらに12月議会で補正いたしました灯油価格高騰に伴う助成事業に対する道補助金の追加であります。2節児童福祉費補助金の120万円の補正は、歳出3款でご説明いたしました乳幼児医療費助成事業の実績に基づく道補助金の追加であります。
 4目2節農業費補助金の496万6,000円の補正は、歳出6款でご説明いたしました農地・水保全管理支払事業推進活動事業補助金から起業支援型地域雇用創造事業までにつきましては、それぞれ事業費確定による道補助金の減額、さらに経営体育成支援事業及び担い手への農地集積推進事業につきましては、事業実施にかかわる道補助金の追加であります。3節林業費補助金の16万9,000円の補正は、歳出2款でご説明いたしました町有林保育管理の実績に基づく道補助金の減額であります。4節土地改良事業費補助金の1,828万8,000円の補正は、歳出6款でご説明いたしました道営負担金事業の事業費確定による道補助金の追加であります。
 12ページをお開きください。3項1目3節統計調査費委託金の7万4,000円の補正は、工業統計調査の実績に基づく道委託金の減額であります。
 16款1項2目1節利子及び配当金の64万8,000円の補正は、付記の基金積立金の利子確定によるものであります。
 3目1節基金運用収入の3,000円の補正は、基金繰りかえ運用収入の実績見込みによる追加であります。
 2項1目1節不動産売払収入の1,867万5,000円の補正は、朝日4、住宅団地3区画の売却が確定したことによる追加であります。
 17款1項1目1節総務寄附金は、12月10日に中央3丁目、池畑功氏よりいただきました50万円、1月30日に南角田、大坪昇氏よりいただきました20万円、また2名の匿名の方からいただきました300万円、さらにふるさと納税制度にかかわる寄附金といたしまして札幌市、谷内一雄氏ほか1,419名の方よりいただきました778万4,000円、合わせて1,424件、1,148万4,000円の寄附金であります。3節教育費寄附金は、12月24日に中央3丁目、遠藤桃子氏よりいただきました70万円、1月30日に中央3丁目、そらち南農業協同組合代表理事組合長、大友伸彦氏よりいただきました144万円、合わせて2件、214万円の寄附金であります。なお、遠藤氏の寄附金につきましてはハサンベツ里山20年計画事業資金としていただいていることから、歳出10款でご説明いたしましたハサンベツ里山計画実行委員会補助金に充当するものであります。また、そらち南農業協同組合の寄附金につきましては、学校給食米半年分の購入資金としていただいていることから、次年度の補正予算において対応させていただく予定でおります。
 18款1項3目1節ふるさと応援基金繰入金の47万5,000円の補正は、平成24年度分のふるさと応援寄附金の実績に基づく追加であります。
 4目1節財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴い繰り入れ不要となった9,383万9,000円を減額するものであります。
 6目1節地域の元気臨時交付金基金繰入金の50万円の補正は、本年度の交付金繰入額確定に基づく減額であります。
 13ページをごらんください。20款5項2目2節雑入の267万4,000円の補正は、まず在宅福祉サービス利用料につきましては歳出3款でご説明いたしました高齢者除雪サービスの利用実績に基づく減額であります。いきいきふるさと推進事業助成金は、歳出2款で当初予算に計上しております栗山少年ジェット派遣補助金、歳出6款で当初予算に計上しております景観緑肥モデル事業、また歳出7款で当初予算に計上しておりますクリの活用事業補助金にかかわる財団法人北海道市町村振興協会助成金であります。
 21款1項1目土木債から14ページの9目消防債までにつきましては、いずれも事業費確定等に伴う起債額の補正であります。
 5ページをお開きください。第2表、債務負担行為の補正につきましてご説明いたします。1、変更でありますが、事項の1、中小企業振興資金利子補給から事項の10、給食車運転等業務までの7件でそれぞれ事業費の確定により限度額及び各年度の金額の変更をお願いするものであります。
 6ページをお開きください。2、追加でありますが、事項の11、平成24年度農業振興資金の融通に伴う利子助成、事項の12、平成25年度農業振興資金の融通に伴う利子助成、以上2件で、期間、限度額及び各年度の金額につきまして付記の内容でお願いをするものであります。
 7ページをごらんください。第3表、地方債の補正につきましてご説明いたします。1、変更でありますが、起債の目的、1、湯地継立線道路改良事業債から40、雨煙別小学校コカ・コーラ環境ハウス周辺環境整備事業債まで、それぞれ起債額の確定により限度額の変更をお願いするものであります。
 8ページをお開きください。2、追加でありますが、起債の目的、41、人にやさしい住宅助成事業債から58、栗山移住促進事業債まで計18件で、限度額、起債の方法、利率、償還の方法について付記の内容でお願いするものであります。なお、今回の追加につきましては、過疎対策事業債のソフト事業分について起債上限額の拡大措置により充当事業を追加したことが主な要因であります。
 9ページをごらんください。第4表、繰越明許費についてご説明いたします。これにつきましては、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用する繰越明許費をお願いをするものであります。3款1項社会福祉費で障害者福祉システム改修事業で96万2,000円、2項児童福祉費で子ども・子育て支援新制度移行等事業で183万6,000円、6款1項農業費で道営杵臼南部地区経営体育成基盤整備事業から道営南角田北部地区経営体育成基盤整備事業まで計7事業、総額で6,366万4,000円、8款2項道路橋梁費で道路ストック総点検事業で1,050万円をそれぞれ翌年度に繰り越すものであります。
 以上で事項別明細の説明を終わりますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 楢ア議員。
10番(楢ア忠彦君) まず、10ページ、10款地方交付税にかかわってお尋ねをいたします。
 国が地方公務員の給与水準を国家公務員並みに引き下げるよう地方自治体に求めているという問題がありました。いわゆる地方公務員の給与削減問題ということで、国家公務員を100とした場合の地方公務員の給与水準をラスパイレス指数を100にするように求めていると。国は、既に地方公務員の給与削減分に相当する地方交付税の削減を決めているというような報道がありました。本町の場合は、ほとんど100に近いという数字、ラスパイレス指数になっておりますけれども、今回の国の方針で地方交付税にかかわってペナルティーのようなものがあったのかどうか、まずその点について1点お尋ねいたします。
 それから、2点目です。16ページ、2款1項18目職員給与費の中の3節、時間外手当です。当初予算2,334万9,000円、補正が今回534万2,000円ということで、2,869万1,000円という金額になりました。現在職員も減らしていますし、それぞれ職員にその分の負担がかかってきて、勤務時間も当然ふえてきているのかなと思うのですけれども、特に課によって、また時期的な問題もいろいろあろうかと思いますけれども、これ一番というか、年間課によって一番多い時間外を勤務されている課がどの課であって、どのような金額になっているのか、その点について2点お尋ねいたします。
 それと、もう一点、20ページ、6款1項3目13節、起業支援型地域雇用創造事業減額ということで、新規就農者に対する手当てということだと思うのですけれども、現在栗山町で新規就農者は何人ぐらい取り組まれているのかということと、その方に対して町としてどのようなサポートをされているのか、その点についてお尋ねいたします。
 議長、もう一点あるけれども、いいですか。3点、議長。
議長(鵜川和彦君) まず、3点。
10番(楢ア忠彦君) はい。
議長(鵜川和彦君) 10番、楢ア議員の質問に対する答弁に入ります。
 経営企画課長。
まちづくり総括兼経営企画課長(佐々木 学君) まず、1点目の10ページ、歳入の10款1項1目地方交付税の関係につきましてのご質問でございますが、以前にご説明しておりますとおり国家公務員の給与削減に関連します地方交付税の削減分が約5,000万円ございました。それに対しましてそれぞれの地方公共団体における行財政改革の推進状況、特に職員数の削減、こういったものが別の部分でプラスされてくるというようなことがございまして、それが約4,200万円ということで、差し引き800万円程度の地方交付税の収入減ということが影響額として出てございます。ペナルティーというような形ではなくて、地方交付税の需要額の今言った800万円の影響額が今回の国の国家公務員給与削減に伴う減額ということで整理をさせていただいております。
議長(鵜川和彦君) 総務課長。
総務課長(住友 茂君) 楢ア議員2点目の時間外手当の多い課ということでございますけれども、本年度は住民福祉課で保育所民営化に伴う増で、その前年と比較しますと120万円ほど増になっております。また、教育委員会につきましては、学校統合事務ということで、昨年に比較しますと約140万円ぐらい増になっております。また、経営企画課でございますけれども、6次総計の策定に係る事務ということで、これにつきましては23年度とちょっと比較させてもらったのですけれども、150万円ぐらいの増になっているということで、この3つの課が多いところということで把握しております。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) 産業振興課長。
産業振興課長(森 英幸君) 楢ア議員3点目の6款1項3目、起業支援型地域雇用創造事業にかかわりまして、現在の新規就農の状況ということのご質問だと思います。3月1日現在で本町に新規就農研修をされております方は全部で9組いらっしゃいます。ご夫婦あるいは単身の方いらっしゃいます。そのうち今年の4月1日から新規に独立されるという方が2組おりまして、それぞれ農業をやられるということで今計画を立てているところでございます。
 それと、新規就農の方についての町はどういう支援をしているのだということでございますけれども、まず新規就農の方と受け入れ農家とのマッチングですとか、あるいは経営指導、あるいは研修会等々の開催をしておりますし、また独立に向けて資金的な助成あるいは貸付金制度ということで、資金的な援助もしているところでございます。参考までに過去数年の新規参入の状況でございますけれども、実際に独立営農された方は平成20年度に1名、平成22年度に1名、平成24年度に1名ということで、過去5年間で3名、3組の方が新たに農業に参入されているという状況でございます。
 以上でございます。
議長(鵜川和彦君) 10番、楢ア議員。
10番(楢ア忠彦君) まず、時間外手当についてですけれども、住民福祉課、教育課、経営企画課とそれぞれ25年度に特化した事業ということでなったのかなと思いますけれども、これも毎年毎年いろんな事案が出てくるわけで、今回は特に3,000万円近いお金が出てきたのですけれども、これ当然これだけの大きな金額が手当として支払われていくわけですけれども、この部分で特に専門的になるかなと思うのですけれども、何割かでも新たな雇用を生んでいくというか、職員を目いっぱい減らしていますけれども、臨時職員ということも含めて新規採用も視野に入れていく必要があるのかなと、その辺についてまずお尋ねをいたします。
 それから、もう一点、新規就農にかかわって、これ農家は特に研修も含めて、栽培して、いわゆる俗に言うお金になるまで相当な期間がかかるのかなと思うのですけれども、それに対して何年間ぐらいサポートしていくのかなと。対象の作物によっても若干違いがあるかなと思うのですけれども、普通の商売と違って期間的にも時間がかかるのかなと思うのですけれども、その点について重ねてお尋ねいたします。
議長(鵜川和彦君) 楢ア議員の質問に対する答弁に入ります。
 総務課長。
総務課長(住友 茂君) 楢ア議員のご質問でございますけれども、がんばる栗山プラン21の中で職員の削減ということでうたっておりまして、平成10年には216名おりました職員が現状の中では147名ということで、個々の職員に係る業務量の負担というのは多くなっているというふうに判断しております。その中でも事業の見直しやアウトソーシングだとかというようなことも実際的には進めておりまして、なるべく負担の軽減ということをあわせて進めていっているところなのですけれども、やはりマンパワーというのですか、当時と比べると財政的にも若干余裕が出てきたということもあるものですから、職員の採用につきましては今後無理をしている部分について計画的に職員採用計画を見直しまして、適正な規模で多くの時間外が生じないよう努力してまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。
議長(鵜川和彦君) 産業振興課長。
産業振興課長(森 英幸君) 楢ア議員さんの重ねてのご質問でございますけれども、研修期間ということでございますが、まず国のほうで実は新規就農者対策結構力を入れてございまして、青年就農給付金制度というのがございます。この制度は、研修期間2年間に対して給付金を支給いたしますよという制度でございまして、研修期間一応2年間ということで設定されております。また、就農後、同じく青年就農給付金、今度経営開始型というものがございまして、これにつきましては就農後5年間ということで国のほうでは定められております。ただ、四角四面に期限を区切って2年間で育成できるかといったらそうではないということもございますし、就農してから5年間で全部ひとり立ちできるかといったらそうでもありませんから、それはそれぞれの状況に応じながら支援をしていきたい、あるいは援助していきたいというふうに考えておりますので、ご了解いただきたいと思います。
 以上でございます。
議長(鵜川和彦君) 12番、重山議員。
12番(重山雅世君) まず、最初の3点、15ページ、2款9目、一番下の欄です。退隠料減額、これ誤請求によるという説明だったかと思いますが、誤請求という点で、この背景というか……違いましたか。そういう説明だったかと思いますが。
            〔「ご逝去」と言う人あり〕
12番(重山雅世君) そうでしたか。誤請求と聞こえたもので、そうでしたか。それは失礼しました。では、これはやめます。
 それと、16ページです。同僚議員の質問にありました給料の関係に絡んで、今年度退職含めて何名退職されて、何人採用、今年度というか、新年度ですね。そういう予定でいるのか、関連してお尋ねしたいと思います。
 次、19ページの保育所の運営費、継立保育所の修繕のことでお話ありました。今回の修繕は、オートロックほかとかいう説明でしたが、水道管云々というようなことは次年度に向けて費用的な部分でどのぐらいの想定でというか、見ないとわからないというか、その辺どうなのでしょうか。どのぐらいの想定で考えておられるのか。
 それと、19節の私立保育所の運営費追加、一時保育、障害児保育の保育士の充当だと思いましたが、今現状どのようになっているのか、まずその点でお尋ねします。
議長(鵜川和彦君) 重山議員の質問に対する答弁に入ります。
 総務課長。
総務課長(住友 茂君) 重山議員最初のご質問ですが、16ページの職員給与費のうちの人件費ということで、退職職員何名いるのかということでございます。定年退職を迎える者については4名でございます。普通退職は1名、それから勧奨退職が1名ということで、3月31日末で予定しております。都合6名でございます。
 それから、新規の採用につきましては2名、大卒2名ということでございます。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) 住民福祉課長。
住民福祉課長(近藤光弘君) 議員さん2点目のご質問でございますけれども、修繕の関係でございます。これについては、オートロックと、もう一つホールに暖房がございます。大きなパネルの3枚の暖房がございますけれども、それがちょっと機能してこないものですから、これをエアコンをつけるという修繕で進めているところでございます。
 それと、漏水ということでございますけれども、現在調べてはみているところでございますけれども、雪等がございますので、額的にはまだわからない状況でございます。
 それと、3点目の保育所運営費補助でございますけれども、一時保育で事業で44万円、それと試食の提供を進めているところでございますけれども、そこで人数に増がございましたので、6万6,000円ぐらい、合わせて51万3,000円ほどというような内容になっているところでございます。
 以上でございます。
議長(鵜川和彦君) 重山議員。
12番(重山雅世君) 退職者6名に対して採用2名ということでしたが、前にも私質問しましたが、新規採用2名という点では、果たして妥当かどうかという点ではその分職員に対する負担が重くて時間外に行くような状況であれば、必要な職員の確保という点では方向性としてはやはりもう少しふやす。それから、大卒にこだわるという点では前にも質問しましたが、以前は栗山高校卒業して役場に入るという方も随分おられて、現実に職員の中でも栗高卒の方もいっぱいおられますが、前の副町長の答弁では法務関係のことが随分出てくるから大卒なのだというような説明でした。でも、現実的には今法務関係にかかわっている方は実際上は高卒の方でもできている状況の中で、あえて大卒にこだわる必要があるのかと。大卒でないとうまくいかないとか、そういうような状況というのは果たしてどうなのかなと率直に思うわけですが、その点で町長のほうからの考えをお尋ねしたいと思います。
 それと、保育所の運営費の部分、私聞いたのは金額的なことというよりも一時保育の利用とか、それから障害児に対する職員配置、今障害児何人いらして、それに対して加配という部分がどのぐらいおられるかということをお尋ねしたくてお聞きしたのですが、再度答弁願います。
議長(鵜川和彦君) 重山議員の答弁に入ります。
 総務課長。
総務課長(住友 茂君) 1点目の新規採用をふやしてはということでございますが、現状の中でがんばる栗山プラン21がスタートしてから職員の採用はかなり抑えております。そういう面では、年代ごとのギャップというのですか、それまで多かったというか、何名かその年代にいるのですけれども、あるときから急に減っているという、採用が減っているものですから。それを例えば今足りないからとそこで固まりをつくってしまうのは、やっぱり後々の職員管理にも支障が出てくると思うので、それは計画的に今まで1名ということでなくて、2名、3名、それからあいているところへの穴埋めというのですか、そんなことも含めて総合的に採用の計画を検討してまいりたいということでございますので、ご理解いただきたいと思います。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) 副町長。
副町長(花田正博君) 重ねて今の関連しての答弁でございますけれども、基本的にはやはり大卒のお子さんを採用していきたいなというふうに思っていますけれども、また今総務課長からもご答弁させていただきましたけれども、かなりピラミッドとしては変形な形になっているということもございますので、当面そういう形で採用させていただいて、時間外等々の問題もございますので、今プランの中で進めている定数の中でおさめていきたいということですけれども、業務内容等また一度精査しながら、職員数のいわゆる採用予定について、数、これについてはまた内部で再検討をして進めていきたいなというふうには思っております。
議長(鵜川和彦君) 住民福祉課主幹。
住民福祉課主幹(秦野加寿彦君) 重山議員2点目の関係です。保育所運営に関することでございます。まず、1点目、障害児の関係でございますけれども、これについては現在6名対応ということで、これに関しまして町といたしましても一定の補助を上乗せして支払いをしているということでございます。
 続いて、一時保育事業でございます。これにつきましては、開設日において1日6人未満の場合は1名対応、6名以上になりますと2名対応ということで、合計285日開設しているうち6名未満の開設日が212日、6名以上の開設が73日ということで、補助金については人数でなく開設日の6名以上、未満によって補助金をさせていただきますので、その対応で行っているものです。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) 9番、藤本議員。
9番(藤本光行君) 2点ほどお聞きいたします。
 ページ数でいくと21ページ、一番下のところの8款2項3目除雪対策費、今回結構な額の補正がなされました。当初予算から比べれば1.5倍以上ということになっております。今年の降雪量、今までの統計、それが平年に比べてどうであったのか、そして大体予算というのは平年として想定していると思いますけれども、その値から比べてこういう予算になったというところの内容をお聞かせ願いたいと思います。
 次、次のページ、22ページ、8款2項5目13節委託料のところで、先ほどの総合計画の一部変更でもあったのですけれども、新たな事業として道路ストック総点検事業、先ほどこれ承認したからいいのですけれども、国の補助もあるということでこういうことでやられるのだろうと。また、先ほど説明ありましたけれども、全額を繰越明許して26年度の事業ということでやるということですけれども、これの完了がいつになるのか、そしてそれが果たして6次総計とかに反映できるのか、その辺をお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 9番、藤本議員の質問に対する答弁に入ります。
 建設水道課長。
建設水道課長(片山伸治君) ただいま藤本議員のまず1点目、除雪対策費にかかわってのご質問でございますけれども、現在の降雪量でございますけれども、本日までで降雪量は4メートル88センチでございます。ちなみに、昨年度は同じ3月3日でいきますと5メートル97センチということで、今日現在でいきますと昨年より109センチ少なくなっている状況でございます。今回の補正をお願いをするときに、補正の査定のほうは2月の上旬にあったものですから、2月、それから3月の見込みとして私たちのほうでは計上をしているところでございます。ただ、昨年よりは少ないのですけれども、1月が結構降りまして、1月中の降雪量が今年247センチ降っております。ちなみに、昨年は173センチ。昨年は、結構トータル的には6メートル70まで降ってはいるのですけれども、1月中の降雪量としては173センチ。その前でいきますと、その前の23年度においては約7メートル降っておりますけれども、1月の降雪量は1メートル98センチということで、今年は非常に年前は雪が少なかったのですけれども、1月に相当降りました。それから、気温が今年は非常に毎日低くて、雪のかさが落ちないのです。実際に道路を交通していても大分走行がきついといいますか、いずいところもありましたし、排雪におきましては雪の量がかさが下がらないということは排雪する量も今回すごく多かったところでございます。ちなみに、今回の補正に当たっては2月の上旬にこの査定、見込みを出しておりますので、2月、3月で除雪回数を18回分、それから排雪の作業で10日分、それからそれにかかわるダンプの借り上げ、雪捨て場のブルトーザー等の借り上げを計上をしたところでございます。
 続きまして、2点目の8款2項5目13節の道路附属物点検、それから路面性状調査ということで、これにつきましてはその前の議案のところでもありましたとおり道路ストック総点検事業ということでございます。これにつきましては、もう一昨年になりますけれども、平成24年12月に本州のほうですけれども、中央自動車道の笹子トンネルということで天井板が落下した事故が発生いたしました。それを受けまして全国的に市町村で社会インフラであります道路ストックの点検を実施をしているところでございます。本町においてもこれからこの調査を行う予定ですけれども、内容といたしましては道路附属物の点検といたしまして、道路照明182基、それから路面性状調査ということで、これは舗装道路のひび割れであるとか、凹凸であるとか、陥没であるとか、幹線道路に限りまして約39キロ調査いたしますけれども、これの調査費、合わせて1,030万円を予定をしているところでございます。
 それと、議員の質問にありました完了はいつかということなのですけれども、この事業の委託につきましては26年に繰越明許で、26年度早々に発注をしてまいりたいと思いますけれども、調査が出るのは秋、年末になるかなと思います。それに基づきまして来年、早ければ27年度からこの調査に基づいた優先順位に基づいて順次修繕をしていきたいというふうに思っております。
 6次総計のほうにもこれにつきましては新たな事業ということで計上していきたいというふうには思っております。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) 4番、三田議員。
4番(三田源幸君) 20ページ、4款2項2目11節の燃料費104万7,000円の補正ですけれども、炭化施設のということでお伺いしました。これは、燃料費でありますので、燃料の高騰、単価が上がったためなのか、また燃料の量、キロリットルがふえたのかということをお聞きしたいなというふうに思います。
 それと、23ページ、10款4項1目19節の負担金ですけれども、栗山町女性団体連絡会の減額ということで、先ほど解散ということのご説明がありましたが、女性の団体ということでいろいろな事業をしているかというふうに思いますが、この解散に当たった背景と連絡会に加盟されている団体が今現在幾つあって、そのうちの団体がその中でも解散をしたとか、そういう現象があったのかどうかをお聞きしたいと思います。
議長(鵜川和彦君) 環境生活課長。
環境生活課長(山代賢治君) 三田議員の1点目のご質問でございますけれども、炭化処理施設の燃料費追加ということでございますけれども、燃料については灯油ということでございまして、当初予算でいきますと単価84円ということなのですけれども、現在平均しますと大体年間で94円ということでございますので、単価が10円程度上がっているということで、使用量については当初昨年の予算計上時よりも若干少な目ということでございますので、単価のアップによるものということでございます。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) 教育次長。
教育次長(水上州洋君) 三田議員2点目の23ページ、10款4項1目19節負担金補助及び交付金の補助金におきまして栗山町女性団体連絡会減額ということで、実際にその女性団体現在何団体あるかというのは、済みませんが、今ちょっと資料がないので、押さえておりませんけれども、この背景としましてはやはり個々の団体の担い手の問題が出てきたということで、活動内容は縮小するのですけれども、この各団体から連絡会に役員を送り出して連絡会としての活動をすることに非常に支障を来してきたということで、平成25年3月末の総会をもって解散したというふうにお聞きしております。
 以上でございます。
議長(鵜川和彦君) 10番、楢ア議員。
10番(楢ア忠彦君) 先ほど藤本議員からも質問があったのですけれども、22ページ、8款2項3目13節委託料です。課長も答弁されておりました。2月頭にこの予算を補正を上げるということで、雪の状況も気温の状況もなかなかつかめない中での補正ということになるのかなと。ただ、この金額だけ見ますと、実感としては今年は12月も雪がほとんど降らなかった。1月に集中して雪が降ったということで、2月もほとんど降らなかったということで、去年から見ると本当に今年は気温は低かったのですけれども、雪の面に関してはここ二、三年楽な年だったのではないのかなと、そんな印象を持ちました。この当初予算なのですけれども、町道の除雪が当初予算6,100万円、今回6,500万円の補正が上がってきております。ちなみに、昨年度の町道除雪の予算は6,300万円、23年度は5,000万円ということで、これ予算のつけ方に若干問題があるのかなというような印象があります。当然気温のこともありましょうし、期間がどのぐらいのスパンで降り続けるかということで、いろんなファクターがあるかと思うのですけれども、例年6,000万円、23年度は5,000万円でしたけれども、昨年、24年度、25年度は6,000万円ということで、町道除雪の予算を計上しておりますけれども、積雪量をどのぐらいに想定して当初予算というのは組まれるのか、その点についてお尋ねをいたします。
議長(鵜川和彦君) 答弁に入ります。
 建設水道課長。
建設水道課長(片山伸治君) 楢ア議員の除雪の委託に関してのご質問でございますけれども、ちなみに10年間というか、ここ10年ぐらいの平均の降雪量は大体5メートル40ぐらいが平均というふうになっております。私たち当初の予算を計上するに当たっては、これが基準にはなるのですけれども、いかんせんどの程度今年は雪が降るのかとか、なかなか未知なところもありますけれども、大体この平均に近いぐらいの作業量といいますか、出動回数といいますか、そういうものを勘案しながら行っているところでございます。また、近年労務単価、それから機械の損料、燃料費も高騰しておりまして、一昨年よりは、23年度よりは24年度も上がっておりますし、また今年も先ほどの補正の中身といたしましては、除雪のこれからの見込みの回数もありますけれども、道単価の見直しが毎年10月ごろにあるのです。除雪の始まる前に道の単価ではこのぐらいになりますよという、そういう発表もあるものですから、それを受けてうちのほうの単価も変えたりしています。それによって若干除雪機の委託料のほうも上がっているような状態でありますので、その辺のところを勘案しながら毎年予算計上しているところでございますので、ご理解を願いたいと思います。
議長(鵜川和彦君) 12番、重山議員。
12番(重山雅世君) 20ページ、6款2目19節の交付金、環境保全型農業直接支払減額、これ当初予算4,300万円ぐらいだったと思いますが、そのうち約3,000万円ぐらい減額だよという点では見込みが甘かったのでないかなという点が1点と今後の方向性というか、その点でどのようにお考えになっているか、まずそれでお尋ねします。
 それと、22ページ、8款5目13節に絡んで、同僚議員の質問もありました。計上の仕方、調査設計減額で幾らかというのが減額と、それから新たに調査するのとだんごで載っていますよね、言い方ちょっとあれですけれども。先ほど道路附属物点検と路面性状調査でもって1,030万円ということですから、差し引きすればわかりますけれども、何か減額で金額はこういう増の形でのっているという点ではちょっと不親切でないかなと。こういうのせ方でいいのですよといえばそれまでなのですが、その点で計上の仕方もちょっとわかりやすいようにのせてほしいという要望的なことを含めて、これ実際上は24年の例のトンネル事故があって、各自治体にこういう調査をしなさいよと。その来たときにこれこの年度で来て繰越明許という点では、どの自治体もこの3月の補正でのせて来年度以降やるのだよという方向性でうたわれてきているものなのですか。まず、その点でお尋ねしたいと思います。
 それと、実際上は調査設計で当初予算1,590万円ぐらいあったと思います、これ介護学校のことなんかも含めて。それで、橋梁長寿命化修繕工事減額となっていますよね。これは、設計もしたのですよね。そして、この方向性という点で橋梁の長寿命化の設計段階でどうだったのかなというか、そういう点が今後の来年度に生かしていくというような形の調査がされたのかどうか。まず、そこです。
 それと、住宅費の部分で22節、松栄団地の移転補償、これ6件が実際上は移転しなかったよと。この背景というか、新築する戸数決まっていて、大体この方は移転するだろうと、そういう中で6件が移転しなかったという捉え方なのですか、それとも多く見積もったよと。そして、実際上は新しく建てた松栄団地にやはり結構な負担が、今経過措置5年間あったにしても、今の家賃から見ると負担が重くなってきますよね。そういう背景もあって、実際上は新しいところに移転しなかった、古いほうの今既設にある団地のほうに移った、そういう方がどのぐらいおられるのか、その点もあわせて答弁願います。
議長(鵜川和彦君) 答弁に入ります。
 産業振興課長。
産業振興課長(森 英幸君) 重山議員さんのご質問でございますが、6款1項2目19節の環境保全型農業直接支払の減額に関してでございます。まず、金額の部分でいきますと当初予算で431万円ということで、ちょっと桁が1つ違っておりました。300万円程度減額になってございます。この事業につきましては、農作物の後作等に緑肥だとか、そういうものを植えて作付にされると補助金が出ますよという制度でございまして、10アール当たり4,000円の補助が出るものでございます。当初の面積の見込みは、予算策定の段階で1万774アール分の面積を見込んでございましたけれども、今年の年度当初の要望調査の中ではおおよそ9,057アールということで、そこで若干まず減ってきたというのが現状でございます。また、実際に営農されている中で、今年の天候不順等々ございまして、作付、種まきができないですとか、まいてもすき込みができなかっただとかという状況がございまして、実際に取り組まれた面積でいきますと、実績でいきますと3,410アールということで、約3分の1の面積に減ってしまったということがございます。当初の見込みより3分の1になってしまったということで、甘かったのではないのかなということでありますけれども、やはり気象状況等々、あと希望者の問題ということもございまして、実際的には3分の1程度になってしまったというところでございます。一応この事業につきましては、平成26年度も予定しておりまして、要望があるということと、また国の事業でもありますので、継続して実施してまいりたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。
議長(鵜川和彦君) 建設水道課長。
建設水道課長(片山伸治君) 重山議員2点目の8款2項5目13節委託料に関連しての、まずここにつきましては今回780万9,000円の増額ということでお願いをしておりますけれども、実際に増になる部分につきましては道路附属物と、それから路面性状点検調査ということで、ちょっと先ほどの藤本議員への私の答弁間違っておりましたけれども、合わせて1,050万円でございます。失礼いたしました。
 そのほかの橋梁点検、それから介護福祉学校道路改良の設計、湯地継立線調査設計、同じく湯地継立線の用地確定測量、これを合わせまして減額が269万1,000円ということで、その差し引きで今回780万9,000円を計上させていただいたところでございます。この道路ストックの総点検にかかわっては、約1年ぐらい前の去年の春からもこういう調査がありますよということで本町のほうにも情報が来ていたところでございますけれども、まだ近隣で取り組む市町村も少なくて、その実態といいますか、内容といいますか、わからない部分もありましたので、私どもといたしましては橋梁の長寿命化もやっておりますし、公園の長寿命化もまだ計画中ということもありましたので、ちょっと様子を見ていたところでございますけれども、大体ほかの町の調査状況だとか、どういうようにやられているのかというのがわかってまいりましたので、また国からの補正の要望というか、ありましたので、今回お願いをしたところでございます。
 それから、15節の工事請負費、橋梁長寿命化修繕工事にかかわりまして、今年につきましては設計は南大通り橋、警察署の前、それから中学校に入るところの国道からすぐの王子橋、2カ所の設計をしております。そのうち1カ所につきましては、南大通り橋につきましては昨年の秋から年末にかけまして工事を行いましたけれども、もう一つの王子橋につきましては26年度に今修繕の予定をしているところでございます。
 それから、22節の松栄団地の移転補償の減額の関係でございますけれども、当初25件の移転費用を見ておりました。これは、少し多目に見ておりますけれども、実際の松栄団地の建てた棟数は25年度といたしましては20戸ですので、プラス5戸を余裕で見てはいたのですけれども、今回ポプラ団地、それから松栄団地の方、そして今どうえいにお住まいになっているどうえいの方も今年建てた20戸のところに入る予定で、それぞれ従前から案内をしていたのですけれども、最終的にどうえいの方の一部が来年度といいますか、26年度に予定しているどうえい団地の建てかえのそちらのほうに入りたいという希望もあったものですから、予定した人数に達していなくて6件減額ということになっております。ちなみに、どうえいの方につきましては、現在8戸現状の古いところに残っておりますので、来年度に新しい新どうえいのほうに移転をしていただくという予定というふうになっております。
 以上です。
            〔何事か言う人あり〕
建設水道課長(片山伸治君) いろいろ事情があって移られない方が年に何人かいらっしゃいますけれども、ちょっと今手元に資料ございませんので、1名ないし2名いたかなというふうには記憶しております。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) ほかにありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) なければ、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) では、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第4号 平成25年度栗山町一般会計補正予算(第9号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第4号については、原案どおり決定いたしました。
 ここで暫時休憩をいたします。
             休憩 午前11時14分
                                     
             再開 午前11時30分
議長(鵜川和彦君) 再開いたします。

                                   

    議案第5号
議長(鵜川和彦君) 日程第7、議案第5号 平成25年度栗山町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第5号 平成25年度栗山町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,645万8,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ19億2,795万6,000円とするものであります。
 補正の主な内容は、1款総務費におきまして70歳から74歳までの医療費の負担割合の周知等に係る補正であります。
 2款保険給付費は、療養給付費の実績見込みによる補正であります。
 7款共同事業拠出金は、共同事業拠出金の確定による補正であります。
 8款保健事業費は、特定健康診査等の受診者数の減に伴う委託料等の補正であります。
 9款基金積立金は、保険給付費支払準備基金積立金の補正であります。
 11款諸支出金は、過年度療養給付費等負担金及び財政調整交付金の交付額減額による返還金の補正であります。
 事項別明細につきましては、副町長より説明いたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 副町長。
            〔副町長 花田正博君登壇〕
副町長(花田正博君) それでは、事項別明細についてご説明申し上げます。
 6ページをお開きください。まず、歳出でありますが、1款1項1目11節需用費及び12節役務費の補正は、70歳から74歳までの医療費負担割合の周知事務にかかわるもので、消耗品費で3万4,000円、郵便料で6万9,000円をそれぞれ追加するものであります。13節委託料の99万8,000円の補正は、国保システムのプログラム更新によるものであります。
 2款1項1目一般被保険者療養給付費の補正は、前年度の決算見込み額に医療費の伸び率を勘案し、当初予算を計上していましたが、当初予算の見込みより上回ったことによるものであります。
 3目一般被保険者療養費、2項1目一般被保険者高額療養費及び3目一般被保険者高額介護合算療養費並びに7ページの5項1目一般被保険者移送費につきましては、国、道支出金の補正に伴う財源振りかえであります。
 6ページに戻りまして、1項2目退職被保険者等療養給付費及び4目退職被保険者等療養費、2項2目退職被保険者等高額療養費及び7ページの4目退職被保険者等高額介護合算療養費並びに5項2目退職被保険者等移送費につきましては、後ほど歳入でご説明いたしますが、療養給付費等交付金の補正に伴う財源振りかえであります。
 3款1項1目後期高齢者支援金及び6款1項1目介護納付金につきましては、国、道支出金の補正に伴う財源振りかえであります。
 7款1項1目高額医療費拠出金の380万6,000円の減額及び2目保険財政共同安定化事業拠出金の650万3,000円の減額は、共同事業拠出金の確定によるものであります。
 8款1項1目7節賃金の21万円の減額は、稼働実績によるものであります。13節委託料の10万9,000円の減額は、特定健康診査等の受診者数の減によるものであります。
 8ページをお開きください。2項1目13節委託料の60万円の減額は、総合健診業務にかかわる事務経費見直し及び土曜日健診の実績見込みによる減であります。
 9款1項1目25節積立金の85万円の補正は、保険給付費支払準備基金積立金の利子確定によるものであります。
 11款1項1目23節償還金利子及び割引料につきましては、まず過年度税過誤納還付金及び還付加算金の20万円の追加は、還付加算金の未払い及び過年度税還付金額の不足によるものであります。過年度療養給付費等負担金返還金の577万4,000円及び財政調整交付金返還金の276万1,000円の補正は、会計検査院実地検査による交付金等の減額による返還であります。
 4ページをお開きください。次に、歳入でありますが、3款1項1目療養給付費等負担金の5,959万9,000円の補正は、負担金の確定によるものであります。
 2目高額医療費共同事業負担金の95万2,000円の減額は、歳出7款でご説明をいたしました共同事業拠出金の確定によるものであります。
 2項1目財政調整交付金の2,977万6,000円の減額は、当初見込みより交付額が下回ったことによるものであります。
 2目高齢者医療制度円滑運営事業費補助金の9万6,000円の補正は、歳出1款でご説明いたしました70歳から74歳までの医療費負担割合の周知事務の経費に対する国庫補助金であります。
 4款1項1目療養給付費等交付金の1,983万9,000円の減額は、退職被保険者等の医療費が減になったことによるものであります。
 6款1項1目高額医療費共同事業負担金の95万2,000円の減額は、歳出7款でご説明いたしました共同事業拠出金の確定によるものであります。
 2項1目財政調整交付金の1,402万1,000円の減額は、当初見込みより交付額が下回ったことによるものであります。
 7款1項1目共同事業交付金の1,323万3,000円の補正及び5ページの2目保険財政共同安定化事業交付金の1,194万7,000円の補正は、歳出7款でご説明いたしました共同事業拠出金の確定によるものであります。
 8款1項1目利子及び配当金の85万円の補正は、保険給付費支払準備基金積立金の利子確定によるものであります。
 9款1項1目1節保険基盤安定繰入金軽減分から5節財政安定化支援事業繰入金までの469万3,000円の減額は、繰り入れに関する事業費の確定見込みによる一般会計繰入金の減額であります。
 2項1目基金繰入金は、今回の補正に伴い繰り入れ不要となった451万8,000円を減額するものであります。
 10款1項1目繰越金の1,548万4,000円の補正は、平成24年度決算に基づく繰越金の確定であります。
 以上で事項別明細の説明を終わりますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 12番、重山議員。
12番(重山雅世君) 6ページの総務費にかかわって70歳から74歳の方々の負担割合が変更になるのですが、該当というか、何名ぐらいおられるか、答弁願います。
議長(鵜川和彦君) 答弁に入ります。
 住民福祉課主幹。
住民福祉課主幹(室永栄子君) ただいまの重山議員の6ページの総務費の1款の11節、12節にかかわります70歳からの該当者の方ですが、一応855名ほどということで用意しております。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) ほかに質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第5号 平成25年度栗山町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第5号については、原案どおり決定いたしました。

                                     

    議案第6号
議長(鵜川和彦君) 日程第8、議案第6号 平成25年度北海道介護福祉学校特別会計補正予算(第4号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第6号 平成25年度北海道介護福祉学校特別会計補正予算(第4号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ224万4,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ1億4,110万2,000円とするものであります。
 補正の主な内容は、職員給与費の減額等に係る補正であります。
 それでは、事項別明細についてご説明いたします。6ページをお開きください。まず、歳出でありますが、1款1項1目2節給料の147万円の減額は、職員の育児休業取得によるものであります。4節共済費の57万4,000円の減額は、共済組合負担金の負担率改定によるものであります。
 2目15節工事請負費の20万円の減額は、学生駐車場等造成工事の入札執行残によるものであります。
 5ページをお開きください。次に、歳入でありますが、1款1項1目1節教育負担金から3款2項1目1節介護福祉学校費委託金までの合わせて308万8,000円の減額は、それぞれ対象学生の増減によるものであります。
 4款1項1目1節一般会計繰入金の245万6,000円の補正は、今回の補正予算の財源調整によるものであります。
 5款1項1目1節前年度繰越金の228万8,000円の補正は、平成24年度決算に基づく繰越金確定によるものであります。
 7款1項1目1節北海道介護福祉学校債の390万円の減額は、学校周辺整備事業債の発行を取りやめたことによるものであります。
 3ページをお開きください。第2表、地方債の補正につきましてご説明いたします。1、変更でありますが、起債の目的、1、介護福祉学校周辺整備事業債につきまして地方債の発行を取りやめたことにより限度額の変更をお願いするものであります。
 4ページをお開きください。第3表、債務負担行為の補正につきましてご説明いたします。1、変更でありますが、事項1、介護福祉学校管理業務につきましては、事業費の確定により限度額及び各年度の金額の変更をお願いするものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第6号 平成25年度北海道介護福祉学校特別会計補正予算(第4号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第6号については、原案どおり決定いたしました。

                                   

    議案第7号
議長(鵜川和彦君) 日程第9、議案第7号 平成25年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第5号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第7号 平成25年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第5号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5,383万7,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ12億7,729万6,000円とするものであります。
 補正の主な内容は、歳出1款総務費におきまして介護保険事務システム改修及び介護認定審査会費等の実績に伴う補正であります。
 2款保険給付費は、保険給付費の実績に伴う補正であります。
 4款地域支援事業費は、任意事業費の実績に伴う補正であります。
 5款基金積立金は、介護給付費等の減額による財源振りかえ及び利子確定に伴う補正であります。
 それでは、事項別明細についてご説明申し上げます。6ページをお開きください。まず、歳出についてご説明いたします。1款1項1目13節委託料の129万2,000円の補正は、消費税引き上げに伴う介護報酬改定による介護保険事務システム改修に係る追加によるものであります。
 3項1目介護認定審査会費の10万3,000円の補正は、事務機借り上げ料の実績減によるものであります。
 2目7節賃金の29万円の減額は、介護認定審査委員賃金の実績減によるものであります。13節委託料の46万円の減額は、認定調査の実績減によるものであります。
 2款1項2目地域密着型介護サービス給付費から6項1目市町村特別給付費までの補正につきましては、それぞれ給付実績によるものであります。
 7ページをごらんください。4款2項6目13節委託料の80万円の減額は、地域自立生活支援事業の実績によるものであります。20節扶助費の52万円の減額は、家族介護用品支給助成事業の実績によるものであります。
 5款1項1目25節積立金の706万2,000円の補正は、介護給付費及び地域支援事業費の補正による財源振りかえ並びに介護給付費準備基金積立金の利子確定による追加であります。
 4ページをお開きください。次に、歳入でありますが、3款1項2目地域支援事業サービス利用料の33万5,000円の減額は、地域自立生活支援事業費の実績による補正であります。
 4款1項1目介護給付費負担金の847万3,000円の減額は、保険給付費の実績による補正であります。
 2項1目調整交付金の470万6,000円の減額及び2目地域支援事業交付金の38万9,000円の減額は、保険給付費及び地域支援事業費の実績による補正であります。
 3目総務費国庫補助金の50万円の追加は、介護保険事務システム改修に係る補正であります。
 5款1項1目介護給付費交付金の1,736万1,000円の減額及び6款1項1目介護給付費負担金の1,098万3,000円の減額は、保険給付費の実績による補正であります。
 2項1目地域支援事業交付金の19万5,000円の減額は、地域支援事業費の実績による補正であります。
 5ページをごらんください。7款1項1目利子及び配当金の6万3,000円の追加は、介護給付費準備基金積立金の利子決定による補正であります。
 8款1項1目介護給付費繰入金から3目その他一般会計繰入金までの合わせて773万9,000円の減額、さらに2項1目介護給付費準備基金繰入金の421万9,000円の減額は、保険給付費及び地域支援事業費の実績による繰入金の補正であります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) なしの声がありますが、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) では、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第7号 平成25年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第5号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第7号については、原案どおり決定いたしました。

                                   

    議案第8号
議長(鵜川和彦君) 日程第10、議案第8号 平成25年度栗山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第8号 平成25年度栗山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ500万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億8,108万円とするものであります。
 補正の内容は、2款後期高齢者医療広域連合納付金におきまして後期高齢者医療保険料の追加に伴う納付金の補正であります。
 それでは、事項別明細についてご説明いたします。4ページをお開きください。まず、歳出でありますが、2款1項1目19節負担金補助及び交付金の500万円の補正は、後ほど歳入でご説明いたしますが、後期高齢者医療保険料の追加に伴うものであります。
 3ページをお開きください。次に、歳入でありますが、1款1項1目後期高齢者医療保険料の500万円の補正は、被保険者の所得の増に伴う保険料の追加であります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第8号 平成25年度栗山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第8号については、原案どおり決定いたしました。

                                   

    議案第9号
議長(鵜川和彦君) 日程第11、議案第9号 平成25年度栗山町水道事業会計補正予算(第2号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第9号 平成25年度栗山町水道事業会計補正予算(第2号)の提案理由をご説明申し上げます。
 1ページをごらんください。予算第3条の収益的収入及び支出の予定額におきまして、収入で1,140万円を減額し、その総額を3億8,900万7,000円とし、支出で15万7,000円を追加し、3億7,275万7,000円とするものであります。
 2ページをお開きください。予算第4条の資本的収入及び支出の予定額におきまして、本文括弧中資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4億678万8,000円を4億78万8,000円に、過年度分損益勘定留保資金3億9,724万1,000円を3億9,152万7,000円に、当年度分消費税等資本的収支調整額954万7,000円を926万1,000円に改め、収入の第1款資本的収入1,400万円を減額し、その総額を1,181万2,000円に、支出の第1款資本的支出で2,000万円を減額し、その総額を4億1,260万円とするものであります。
 補正の内容についてご説明申し上げます。3ページをごらんください。収益的収支の収入におきまして、1款1項1目給水収益の1,140万円の減額は、水道の使用料が見込みよりも低く推移したことによるものであります。
 次に、支出におきまして、1款1項1目原水及び浄水費の15万7,000円の追加は、浄水場暖房用燃料及び浄水場管理委託料の減額、栗山ダム総合流域防災事業に伴う負担金の追加によるものであります。
 4ページをお開きください。資本的収支の収入におきまして、1款2項1目工事負担金の1,400万円の減額は、土地改良に伴う水道管移設補償費の確定によるものであります。
 支出におきまして、1款1項2目配水施設整備費の2,000万円の減額は、土地改良に伴う水道管移設工事の確定によるものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議はありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第9号 平成25年度栗山町水道事業会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第9号については、原案どおり決定いたしました。
 ここで昼食のため休憩をいたします。
             休憩 午後 零時00分
                                     
             再開 午後 1時00分
議長(鵜川和彦君) 再開いたします。

                                   

    議案第10号
議長(鵜川和彦君) 日程第12、議案第10号 平成25年度栗山町下水道事業会計補正予算(第2号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第10号 平成25年度栗山町下水道事業会計補正予算(第2号)の提案理由をご説明申し上げます。
 1ページをごらんください。予算第3条の収益的収入及び支出の予定額におきまして、収入の第1款下水道事業収益で240万円を減額し、その総額を4億6,589万2,000円とし、第2款農業集落排水事業収益で62万円を減額し、その総額を7,724万5,000円とし、支出の第1款下水道事業費用で604万円を減額し、その総額を5億4,871万5,000円に、第2款農業集落排水事業費用で100万円を減額し、その総額を1億2,271万3,000円とするものであります。
 2ページをお開きください。予算第4条の資本的収入及び支出におきまして、本文括弧中資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3億38万2,000円を2億9,911万8,000円に、当年度分損益勘定留保資金3億6万7,000円を2億9,886万5,000円に、当年度分消費税等資本的収支調整額31万5,000円を25万3,000円に改め、収入の第2款農業集落排水事業資本的収入で3万6,000円を減額し、その総額を953万3,000円とし、支出の第1款下水道事業資本的支出で130万円を減額し、その総額を4億4,047万3,000円とするものであります。
 補正の内容についてご説明申し上げます。3ページをごらんください。収益的収支の収入におきまして、1款1項1目下水道使用料の240万円の減額及び2款1項1目農業集落排水使用料の62万円の減額は、水道の給水収益見込みの減少に伴い下水道使用料及び農業集落排水使用料収入が低く推移したことによるものであります。
 次に、支出におきまして、1款1項2目下水道処理場費の264万円の減額及び2款1項2目農業集落排水処理場費の50万円の減額は、処理場管理委託料の確定によるものであります。
 1款1項3目総係費の60万円の減額は、下水道認可変更委託料の確定によるものであります。
 1款2項1目支払利息及び企業債取扱諸費の280万円の減額及び2款2項1目支払利息及び企業債取扱諸費の50万円の減額は、平成24年度企業債の借り入れ利息の減少等によるものであります。
 4ページをお開きください。資本的収支の収入におきまして、2款2項1目受益者分担金の3万6,000円の減額は、生活保護受給に伴う減免認定によるものであります。
 次に、支出におきまして、1款1項1目下水道処理場建設費の130万円の減額は、下水道管理センター長寿命化計画策定事業の事業費確定によるものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
            〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第10号 平成25年度栗山町下水道事業会計補正予算(第2号)について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
            〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第10号については、原案どおり決定いたしました。

                                   

    平成26年度教育行政執行方針
議長(鵜川和彦君) 日程第13、平成26年度教育行政執行方針に入ります。
 教育長。
            〔教育長 鈴木紀元君登壇〕
教育長(鈴木紀元君) 別紙プリントにより記載省略。
議長(鵜川和彦君) 以上で平成26年度教育行政執行方針を終わります。

                                   

    議案第11号ないし議案第18号
議長(鵜川和彦君) 日程第14、議案第11号 栗山町第5次総合計画の一部変更について、日程第15、議案第12号 平成26年度栗山町一般会計予算、日程第16、議案第13号 平成26年度栗山町国民健康保険特別会計予算、日程第17、議案第14号 平成26年度北海道介護福祉学校特別会計予算、日程第18、議案第15号 平成26年度栗山町介護保険特別会計予算、日程第19、議案第16号 平成26年度栗山町後期高齢者医療特別会計予算、日程第20、議案第17号 平成26年度栗山町水道事業会計予算、日程第21、議案第18号 平成26年度栗山町下水道事業会計予算、以上8件の議案を一括議題に供したいと思いますが、ご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、そのように取り計らいます。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
            〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第11号 栗山町第5次総合計画の一部変更について提案理由をご説明申し上げます。
 栗山町第5次総合計画、平成20年2月20日議決の一部変更について、栗山町自治基本条例第25条第3項及び栗山町議会基本条例第8条第1号の規定により本議会の議決を求めるものであります。今回変更させていただく内容は、平成26年度予算等に係る新たに追加実施する主要事業21件、事業期間の変更をする主要事業9件、名称及び事業期間の変更をする主要事業1件であります。なお、今回変更をいたしました主要事業の具体的事業内容につきましては、この後の議案第12号 平成26年度栗山町一般会計予算及び議案第18号 平成26年度下水道事業会計予算において説明いたします。また、別添資料をあわせて提出しておりますので、ご参照いただきたいと思います。資料1は、今回追加等をした主要事業の一覧であります。資料2は、総合計画に掲載している主要事業及び財源一覧で平成20年度から平成26年度までの計画の変更について整理したものであります。
 続きまして、ご提案いたしました議案第12号から議案第18号までの各会計予算の大綱についてご説明を申し上げます。平成26年度の一般会計外4特別会計及び2事業会計の当初予算総額は、前年度と比較し7.7%増の141億1,163万4,000円となっております。このうち平成20年度からスタートいたしました栗山町第5次総合計画に基づく事業予算は、1、町民・地域・行政、みんなが主役のふるさとづくりに3億9,451万2,000円、2、生活・環境、人と自然に優しいふるさとづくりに5億7,436万9,000円、3、医療・保健・福祉、安心して暮らせるふるさとづくりに24億9,273万7,000円、4、教育・文化・スポーツ、人々が輝くふるさとづくりに5億8,760万3,000円、5、産業、元気で活力あるふるさとづくりに5億266万7,000円、6、都市基盤、快適で安らぐふるさとづくりに13億6,022万5,000円、合わせて59億1,211万3,000円を計上いたしました。
 それでは、平成26年度一般会計予算の概要についてご説明申し上げます。本年度予算の総額は82億9,700万円で、対前年比8.6%の増となっております。本年度は、栗山町第5次総合計画の最終年次として、まさしく計画目標を実現するための集大成の1年となります。このため、本年4月に町長選挙を控えておりますが、予算編成に当たりましては、本年度予算を次代に誇れるふるさと栗山実現のための予算と位置づけ、継続事業や義務的経費などのほか、計画に基づく主要施策に関しましても引き続き取り組むべき重要課題として当初予算に盛り込んだところであります。また、政策評価の評価結果を踏まえた政策の質の向上や行財政改革プランに掲げる改革項目の着実な推進など、限られた財源で最大限の効果を上げるべく、効率的かつ効果的な予算配分に努めたところであります。
 それでは、歳出について申し上げます。一般施策経費における主な事業として、町民参加による栗山町第6次総合計画の策定、町内児童生徒、幼児を対象としたふるさと体験教育の実施、町内の自然環境や雨煙別小学校、コカ・コーラ環境ハウスなどの地域資源を有効活用した都市農村共生・対流推進事業の実施、町民の健康づくりの指針となる健康増進計画の策定、栗山赤十字病院の救急医療及び地域医療機能確保への支援など地域医療対策事業の推進、栗山町農業振興公社事業への支援など農業振興計画第3期栗山農業ルネッサンスの推進、特産品推進協議会の東アジア市場における海外販路開拓事業への支援、北のくりやま栗づくり協議会の地域ブランド確立に向けたクリの活用プロジェクトへの支援、エコビレッジ湯地の丘等の住宅団地分譲販売の促進、次に投資的経費における主な事業として、養護老人ホーム泉徳苑個室化整備及び地域密着型介護老人福祉施設整備への支援、角田小学校体育館の耐震補強調査設計、図書館システムの更新、町民球場及び栗山公園テニスコートの施設改修、道営杵臼南部地区ほか6地区の農業基盤整備、林業専用道継立日出線の開設、杵臼本線ほか9路線の道路改良等整備、王子橋補修など橋梁の長寿命化、どうえい団地2棟16戸の整備、曙団地建てかえに係る調査設計などの事業を盛り込んでおります。
 次に、歳入で申し上げます。自主財源の柱であります町税は、東日本大震災に係る復興特別税として個人町民税均等割の加算措置などにより対前年比0.2%の増、依存財源の柱であります地方交付税は地方財政計画における措置や起債償還に係る普通交付税算入額などを勘案し、対前年比0.3%減で計上しております。国、道支出金につきましては、介護基盤緊急整備等特別対策事業交付金や臨時福祉給付金給付事業費補助金の増などにより対前年比22.2%増で計上しております。町債につきましては、投資的事業及び臨時財政対策債の地方財政計画における計画額などを勘案し、対前年比47.0%増で計上をしております。繰入金につきましては、地域の元気臨時交付金基金など事業充当分として3,491万6,000円、また財源調整として財政調整基金より2億2,264万円の繰り入れを計上いたしました。
 以上が一般会計予算の概要であります。
 次に、平成26年度栗山町国民健康保険特別会計予算の概要について申し上げます。本年度の予算総額は19億4,628万円で、対前年比5.5%の増となっております。
 歳出について申し上げます。保険給付費につきましては、前年度の決算見込み額及び過去の医療費の実績等を勘案し、14億905万3,000円を計上いたしました。後期高齢者支援金等につきましては、後期高齢者医療給付費総額の約40%を負担するもので、加入見込み者数及び加入者1人当たり負担見込み額と前々年度の医療費実績により2億1,012万1,000円を計上いたしました。前期高齢者納付金等につきましては、加入見込み者数及び加入負担調整見込み額により15万3,000円を計上いたしました。老人保健拠出金につきましては、前々年度の医療費確定による拠出金により事務費拠出金のみの1万円を計上いたしました。介護納付金につきましては、介護保険の第2号被保険者に係るもので、厚生労働省告示に基づく介護納付金の算定に関する率及び額により9,025万7,000円を計上いたしました。保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、1億7,245万5,000円を計上いたしました。保健事業費につきましては、特定健康診査、各種がん検診、高齢者へのインフルエンザ予防接種の助成費用等1,525万2,000円を計上いたしました。
 次に、歳入について申し上げます。国民健康保険税につきましては、一般被保険者、退職被保険者等を合わせて医療給付費現年分が2億8,900万円、後期高齢者支援金等の財源として現年分が7,690万円、第2号被保険者に係る介護納付金現年分が3,410万円、総額で4億1,642万5,000円を計上いたしました。国庫支出金につきましては、一般分の医療費の見込みを勘案し、療養給付費等負担金は2億6,714万5,000円、財政調整交付金は6,100万円とし、総額で3億3,819万1,000円を計上いたしました。療養給付費等交付金は、退職被保険者等に係る保険給付費等からそれらに係る国保税等を控除した1億3,007万円を計上いたしました。前期高齢者交付金につきましては、零歳から74歳までに占める65歳から74歳までの加入割合が全国平均の12%を超える保険者は交付金を受け取り、加入率の低い保険者は納付金を拠出するもので、5億4,105万3,000円を計上いたしました。道支出金は、国同様一般分の医療費の見込みを勘案し、総額で6,904万6,000円を計上いたしました。繰入金は、一般会計からの繰入金として9,215万7,000円を計上いたしました。
 次に、平成26年度北海道介護福祉学校特別会計予算の概要について申し上げます。本年度の予算総額は1億4,197万円で、対前年比1.1%の増となっております。
 歳出について申し上げます。介護福祉学校費は、人件費として9,359万7,000円、運営費として4,783万3,000円を計上いたしました。介護福祉学校周辺整備事業費は、学生駐車場修繕に係る経費として54万円を計上いたしました。
 次に、歳入について申し上げます。教育器材整備金など負担金として1,800万円、授業料として4,480万円、補助金308万4,000円、委託金1,309万円、入学料などで1,722万1,000円、一般会計からの繰入金4,577万5,000円を計上いたしました。
 次に、平成26年度栗山町介護保険特別会計予算の概要について申し上げます。介護保険事業につきましては、第5期栗山町高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画期間の最終年となります今年度は、これまでの実績を総括し、基本理念の高齢者が住みなれた地域で可能な限り自立した生活が送れるための支援体制づくりを進めてまいります。特に昨年より新たに実施した認知症予防事業や地域自立生活支援事業の拡充など地域包括ケア体制の充実を図ります。また、次期計画の策定年として高齢者の実態とニーズを把握し、要介護者や介助者の皆さんに求められるサービス提供に努めてまいります。
 本年度の予算総額は13億4,645万円で、対前年比2.3%の増となっております。
 歳出について申し上げます。介護認定審査会費につきましては、介護認定審査会の運営に係る経費として1,395万1,000円を計上いたしました。保険給付費につきましては、介護及び介護予防サービス費として11億8,154万1,000円、審査支払手数料101万5,000円、高額介護サービス費3,191万2,000円、高額医療合算介護サービス費542万7,000円、市町村特別給付費13万円、特定入所者介護サービス費6,957万9,000円を合わせて12億8,960万4,000円を計上いたしました。財政安定化基金拠出金につきましては、1,000円を計上いたしました。地域支援事業費については、介護予防事業費1,225万3,000円、包括的支援事業・任意事業費2,581万8,000円を合わせて3,807万1,000円を計上いたしました。基金積立金につきましては、1万3,000円を計上いたしました。
 次に、歳入について申し上げます。介護保険料として2億3,810万9,000円を計上いたしました。分担金及び負担金につきましては、3町による介護認定審査会の共同設置負担金として457万9,000円を計上いたしました。使用料及び手数料につきましては、督促手数料として1万円、地域支援事業サービス利用料として426万1,000円を計上いたしました。国庫支出金は、介護給付費負担金、調整交付金、地域支援事業交付金として3億2,996万7,000円を計上いたしました。支払基金交付金は、第2号被保険者の介護給付費交付金、地域支援事業支援交付金として3億7,714万1,000円を計上いたしました。道支出金は、介護給付費負担金、地域支援事業交付金として2億586万6,000円を計上いたしました。一般会計繰入金は、介護給付費繰入金として給付費の12.5%に当たる1億6,118万4,000円、地域支援事業繰入金として587万9,000円、その他一般会計繰入金の事務費等繰入金として1,116万3,000円を合わせて1億7,822万6,000円を計上いたしました。なお、これらの所要財源につきましては、基準の交付率により歳入を計上したところであります。
 次に、平成26年度栗山町後期高齢者医療特別会計予算の概要について申し上げます。本年度の予算総額は1億9,156万円で、対前年比7.9%の増となっております。
 歳出について申し上げます。総務費につきましては、事務費として214万3,000円を計上いたしました。後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、事務費負担金分で464万5,000円、保険料の軽減に係る保険基盤安定負担分で5,274万9,000円、後期高齢者医療保険料で1億3,189万円、後期高齢者医療保険料延滞金で3,000円、総額で1億8,928万7,000円を計上いたしました。予備費といたしまして10万円を計上いたしました。
 次に、歳入について申し上げます。後期高齢者医療保険料現年度分につきましては、1億3,176万1,000円を計上いたしました。一般会計繰入金につきましては、基盤安定繰入金で5,274万9,000円、事務費等繰入金は事務費負担分として464万5,000円、総務費分として222万2,000円の686万7,000円、総額5,961万6,000円を計上いたしました。
 次に、平成26年度栗山町水道事業会計予算の概要について申し上げます。予算の支出総額は9億968万5,000円となり、対前年比13.1%の増となっております。業務の予定量につきましては、1、給水人口1万2,700人、2、年間総配水量166万6,400立方メートル、3、1日平均配水量4,565立方メートルとし、4、主な建設改良事業として老朽管更新事業費9,909万円、配水施設整備費7,695万6,000円、浄水施設整備費6,189万3,000円を計上いたしました。
 収益的収入及び支出につきましては、水道事業収益4億2,079万4,000円、水道事業費用4億3,368万円を予定し、消費税を精算した後の差し引きでは2,351万9,000円の損失が発生する見込みとなっております。
 資本的収入及び支出につきましては、資本的収入1億8,283万円、資本的支出4億7,600万5,000円を予定し、差し引き不足額の2億9,317万5,000円は過年度分損益勘定留保資金等で補填いたします。また、一般会計からの経営補助につきましては、水源開発補助金として39万円及び統合簡易水道補助金として137万1,000円の収入を見込んでおります。
 次に、平成26年度栗山町下水道事業会計予算の概要について申し上げます。予算の支出総額は12億7,868万9,000円となり、対前年比8.8%の増となっております。下水道事業の業務の予定量につきましては、1、処理面積379ヘクタール、2、排水処理人口8,930人、3、年間総処理水量105万7,000立方メートルとし、4、主な建設改良事業として下水道処理場建設費2,293万7,000円、施設統合事業費1億4,700万円を計上いたしました。農業集落排水事業の業務の予定量につきましては、1、処理面積95ヘクタール、2、排水処理人口840人、3、年間総処理水量9万4,000立方メートルを計上いたしました。
 収益的収入及び支出につきましては、下水道事業収益5億4,199万5,000円、農業集落排水事業収益1億2,080万2,000円、下水道事業費用4億9,718万8,000円、農業集落排水事業費用1億1,262万6,000円を予定し、消費税を精算した後の差し引きでは4,945万9,000円の利益が発生する見込みとなっております。
 資本的収入及び支出につきましては、下水道事業資本的収入4億269万7,000円、農業集落排水事業資本的収入1,024万円、下水道事業資本的支出6億1,367万4,000円、農業集落排水事業資本的支出5,520万1,000円を予定し、差し引き不足額の2億5,593万8,000円は過年度分損益勘定留保資金等で補填いたします。また、一般会計からの負担金につきましては、下水道事業においては雨水処理等に対する負担金として2億1,002万3,000円、農業集落排水事業においては高資本費対策等に対する負担金として5,961万8,000円の収入を見込んでおります。
 以上、一般会計外4特別会計及び2事業会計の予算大綱についてご説明申し上げましたが、詳細につきましてはそれぞれ所管課長よりご説明いたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いをいたします。
議長(鵜川和彦君) ここでお諮りいたします。
 さきに協議したように特別委員会を設置して予算の審議に当たってはどうかと考えますが、これにご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、特別委員会を設置することに決定いたします。
 名称につきましては、平成26年度栗山町各会計予算審査特別委員会とし、構成につきましては議長を除く11名ということで決定いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、名称は平成26年度栗山町各会計予算審査特別委員会とし、構成につきましては議長を除く11名と決定いたします。
 特別委員会の委員長、副委員長の選任につきましては、委員会条例で委員会の互選となっておりますが、慣例によりまして議長指名ということでいきたいと思いますが、ご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、議長から指名をいたします。
 委員長には2番、友成議員、副委員長には9番、藤本議員を指名いたします。
 ただいま特別委員会が設置されたわけですが、上程いたしております案件8件は一括特別委員会に付託いたしたいと考えますが、ご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、一括特別委員会に付託いたすことに決定いたしました。
 審査につきましては、この会期中に実施をしていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、審査はこの会期中に実施をしていただくことと決定いたしました。

                                   

    陳情第1号
議長(鵜川和彦君) 日程第22、陳情第1号 「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」採択を求める陳情を議題に供します。
 陳情第1号につきましては、2月26日付で町議会に対し提出があったものです。
 陳情書の写しをそれぞれ配付しておりますので、朗読を省略いたします。
 この案件につきましては、さきに協議いたしましたように議会運営委員会に付託し、審査していただきたいと考えますが、これにご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、陳情第1号については議会運営委員会に付託の上、審査をしていただくことに決定をいたしました。
 審査は会期中にお願いをいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、会期中に審査をしていただくことに決定をいたしました。

                                   

    散会の宣告
議長(鵜川和彦君) 以上で本日の会議日程は全部終了いたしましたので、これをもちまして散会したいと思いますが、ご異議ございませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) なお、一般質問等の準備のため10日まで休会とし、11日に再開いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。
            〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、そのように取り計らいます。
 これをもちまして本日の会議を散会いたします。
                          散会 午後 2時15分