平成26年第6回栗山町議会臨時会会議録

                  平成26年11月28日 午前 9時30分開会

1、出席議員は次のとおりである。
     1番  八木橋 義 則 君
     2番  友 成 克 司 君
     3番  大 井 賢 治 君
     4番  三 田 源 幸 君
     5番  小 寺   進 君
     6番  大 西 勝 博 君
     7番  大 平 逸 男 君
     8番  土 井 道 子 君
     9番  藤 本 光 行 君
    10番  楢 ア 忠 彦 君
    11番  置 田 武 司 君
    12番  重 山 雅 世 君
    13番  鵜 川 和 彦 君

2、欠席議員は次のとおりである。

3、本会議に出席従事した職員は次のとおりである。
    事務局主査          篠  田  孝  義
    事務局書記          向 中 野  麻 里 子

4、地方自治法第121条第1項の規定による説明員は次のとおりである。
    町長             椿  原  紀  昭  君
    副町長            花  田  正  博  君
    総務課長           住  友     茂  君
    総務課主幹          岡  田  三  郎  君

    まちづくり総括兼       佐 々 木     学  君
    経営企画課長

    保健福祉課長         小  野     司  君
    保健福祉課主幹        菊  谷  克  己  君
    建設水道課長         片  山  伸  治  君
    建設水道課技術長       今     政  樹  君

    産業建設総括兼        山  本  信  二  君
    くりやまブランド推進課長

    教育長            鈴  木  紀  元  君
    介護福祉学校事務局長     中  野  和  広  君

5、本会議の付議事件は次のとおりである。
  会議録署名議員の指名
  会期の決定
  諸般の報告
  @会務報告
  A監査報告
  議案第78号 平成26年度栗山町一般会計補正予算(第6号)
  議案第79号 平成26年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第2号)
  議案第80号 平成26年度栗山町下水道事業会計補正予算(第1号)
  議案第81号 職員の給与に関する条例及び栗山町職員の通勤手当支給に関
         する条例の一部を改正する条例
  議案第82号 栗山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の
         一部を改正する条例
  議案第83号 特別職の職員の給与に関する条例及び栗山町教育委員会教育
         長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例

                       開会 午前 9時30分


    開会の宣告
議長(鵜川和彦君) 議員の出欠状況につきましては、報告のとおり定足数に達していますので、只今から平成26年第6回栗山町議会臨時会を開会いたします。
 開会にあたり、事務局長からやんごとなき事情により休暇の申し出がありました。つきましては、事情相当と認めましたので、議会事務局の篠田主査が代わって務めさせていただきます。


    開議の宣告
議長(鵜川和彦君) 直ちに本日の会議を開きます。


    会議録署名議員の指名
議長(鵜川和彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本日の会議録署名議員には9番、藤本議員、10番、楢ア議員のご両名を指名いたします。


    会期の決定
議長(鵜川和彦君) 日程第2、会期の決定についてを議題に供します。
 お諮りいたします。会期につきましては、議案の内容から見て、本日1日でよろしいのではないかと思いますが、会期を本日1日とすることに、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、会期は本日1日と決定いたします。


    諸般の報告
議長(鵜川和彦君) 日程第3、諸般の報告に入ります。
 会務報告につきましては、事務局主査より報告いたさせます。
 主査。
議会事務局主査(篠田孝義君) 本会議の議件は、議事日程のとおり、議案第78号 平成26年度栗山町一般会計補正予算(第6号)他5件であります。
 地方自治法第121条第1項の規定による説明員は、町長並びに町長の委任を受けた副町長、各課所長、教育委員長の委任を受けた教育長、事務局長であります。
 さきの定例会報告後の会務につきましては、別紙プリントのとおりであります。
議長(鵜川和彦君) 次に、監査報告をいたします。
 例月出納監査の報告ですが、お手元に配付のとおりです。ごらんいただきたいと存じます。


    議案第78号
議長(鵜川和彦君) 日程第4、議案第78号 平成26年度栗山町一般会計補正予算(第6号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第78号 平成26年度栗山町一般会計補正予算(第6号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,153万4,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ86億9,512万6,000円とするものであります。
 補正の主な内容は、1款議会費、2款総務費、3款民生費及び8款土木費におきまして、本年度の人事院勧告に伴う人件費等の補正であります。
 事項別明細につきましては、副町長より説明いたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 副町長。
〔副町長 花田正博君登壇〕
副町長(花田正博君) それでは、事項別明細についてご説明申し上げます。
 4ページをお開きください。まず、歳出についてご説明いたします。1款1項1目3節職員手当等の63万4,000円及び2款1項17目職員給与費の1,105万4,000円の補正は、本年度の人事院勧告に伴い給料及び期末手当等の人件費を追加するものであります。
 4項4目衆議院議員総選挙費の963万円の補正は、12月14日執行予定の第47回衆議院議員総選挙等に係るもので、全額国庫委託金を受けて実施するものであります。
 5ページをごらんください。3款1項1目28節の介護保険特別会計繰出金の3万5,000円、8款2項5目地方道路整備費の9万5,000円及び5項3目住宅建設費の8万6,000円の補正は、いずれも人事院勧告に伴う人件費の追加であります。
 3ページをお開きください。次に、歳入についてご説明いたします。14款3項1目2節選挙費委託金の963万円の補正は、歳出2款でご説明いたしました衆議院議員総選挙等に係る国庫委託金であります。
 19款1項1目1節前年度繰越金の1,190万4,000円の補正は、今回の補正予算の財源として充当するものであります。
 なお、今回の人事院勧告に伴う人件費の補正につきましては、この後にご提案いたします議案第79号 平成26年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第2号)並びに、議案第80号 栗山町下水道事業会計補正予算(第1号)におきまして、ご審議いただく予定でありますが、北海道介護福祉学校特別会計及び水道事業会計におきましては、既定予算内にて対応することとしております。また、7月の人事異動に伴う各会計間の人件費の補正につきましては、改めて後の議会におきまして、補正をお願いする予定であります。
 以上で事項別明細の説明を終わりますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。 議案第78号 平成26年度栗山町一般会計補正予算(第6号)について原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第78号については原案どおり決定いたしました。
    
    
    議案第79号
議長(鵜川和彦君) 日程第5、議案第79号 平成26年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第79号 平成26年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第2号)の提案理由をご説明申し上げます。
 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ17万7,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ13億6,910万4,000円とするものであります。
 補正の内容は、4款地域支援事業費におきまして、本年度の人事院勧告に伴う人件費等の補正であります。
 それでは、事項別明細についてご説明申し上げます。4ページをお開きください。まず、歳出についてご説明いたします。4款2項1目介護予防ケアマネジメント事業費の8万5,000円及び2目総合相談事業費の9万2,000円の補正は、本年度の人事院勧告に伴い給料及び期末手当等の追加をするものであります。
 3ページをお開きください。次に歳入についてご説明いたします。4款2項2目1節現年度分から8款2項1目1節介護給付費準備基金繰入金までの併せて17万7,000円の補正は、歳出でご説明いたしました人件費の追加に伴い、それぞれの負担割合に基づき追加するものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。 議案第79号 平成26年度栗山町介護保険特別会計補正予算(第2号)について原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第79号については原案どおり決定いたしました。
    
    
    議案第80号
議長(鵜川和彦君) 日程第6、議案第80号 平成26年度栗山町下水道事業会計補正予算(第1号)を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第80号 平成26年度栗山町下水道事業会計補正予算(第1号)の提案理由をご説明申し上げます。
 1ページをごらんください。予算第3条の収益的収入及び支出の予定額におきまして、支出の第1款下水道事業費用で10万5,000円を追加し、その総額を4億9,729万3,000円とし、第2款農業集落排水事業費用で5万7,000円を追加し、その総額を1億1,268万3,000円とするものであります。
 2ページをお開きください。予算第4条の資本的収入及び支出におきまして、本文括弧中、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億5,593万8,000円を2億5,599万3,000円に、当年度分損益勘定留保資金2億5,101万3,000円を2億5,106万8,000円に改め、支出の第1款下水道事業資本的支出で5万5,000円を追加し、その総額を6億1,372万9,000円とするものであります。補正の内容は、本年度の人事院勧告に伴う人件費の補正であります。
 3ページをごらんください。収益的収支の支出におきまして、1款1項3目総係費の10万5,000円及び2款1項3目総係費の5万7,000円及び4ページ、資本的収支の支出におきまして、1款1項1目下水道処理場建設費の5万5,000円の補正は、いずれも人事院勧告に伴い給料及び期末手当等の人件費の追加をするものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。 議案第80号 平成26年度栗山町下水道事業会計補正予算(第1号)について原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第80号については原案どおり決定いたしました。
    
    
    議案第81号
議長(鵜川和彦君) 日程第7、議案第81号 職員の給与に関する条例及び栗山町職員の通勤手当支給に関する条例の一部を改正する条例を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第81号 職員の給与に関する条例及び栗山町職員の通勤手当支給に関する条例の一部を改正する条例の提案理由をご説明申し上げます。
 本年8月の人事院勧告において、若年層を重点に給料を平均0.3%、勤勉手当の支給率を0.15月分それぞれ引き上げ、通勤手当を使用距離に応じ100円から7,100円までの幅で引き上げという勧告がされました。また、給与制度の見直しにより、平成27年4月から3年間、給料を平均2%引き下げるとともに、管理職員特別勤務手当の支給基準の改正が行われたところです。本町におきましても、この人事院勧告どおり実施することとし、本条例を改正するものであります。
 以下改正条項についてご説明申し上げます。
 改正条例の第1条につきましては、職員の給与に関する条例の一部改正で、第20条の4は、勤勉手当の支給率を100分の82.5とし、再任用職員の支給率を100分の37.5とするものであります。
 附則第22項は、勤勉手当の支給率改正に伴い、勤勉対象額に乗ずる率を100分の1.2375とし、勤勉手当減額基礎額に乗ずる率を100分の82.5とするものであります。
 改正条例の第2条につきましては、職員の給与に関する条例の一部改正で、第18条において、管理職員特別勤務手当の支給に関し、休日勤務に対し支給する額を6,000円とし、新たに平日深夜勤務に対し支給する額を3,000円とするものであります。
 第20条の4は、勤勉手当の支給率を100分の75とし、再任用職員の支給率を100分の35とするものであります。
 附則第19項は、平成22年に実施された給与制度見直しに伴う経過措置で、55歳を超える職員のうち、その職務の級が6級以上である者に係る減額の期限を、平成30年3月31日とするものであります。
 附則第22項は、勤勉手当の支給率改正に伴い勤勉対象額に乗ずる率を100分の1.125とし、勤勉手当減額基礎額に乗ずる率を100分の75とするものであります。
 改正条例の第3条につきましては、栗山町職員の通勤手当支給に関する条例の一部改正で、人事院勧告に基づき通勤手当支給額を改正するものであります。
 なお、附則第2項及び第3項は、本町の独自削減として実施しております通勤手当支給額の20%削減について、引き続き実施することに伴う規定の整備であります。
 附則第1項につきましては、施行日を定めたもので、平成26年12月1日から施行し、改正条例第2条並びに附則第6項から第9項までの規定は、平成27年4月1日から施行するものであります。
 附則第2項につきましては、改正後の給与及び通勤手当を平成26年4月1日から遡及適用するものであります。
 附則第3項につきましては、適用日前の移動者の号俸の調整であります。
 附則第4項及び第5項につきましては、人事院勧告の実施に伴い、既に支給された改正前の給与及び通勤手当を内払とみなすものであります。
 附則第6項から第9項までにつきましては、55歳を超える職員のうち、その職務の級が6級以上である者に係る、号俸の調整及び経過措置であります。
 附則第10項につきましては、通勤手当の特例であります。
 附則第11項につきましては、規則への委任であります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 12番、重山議員。
12番(重山雅世君) この条例に関して通勤手当を頂いている職員数がどのぐらいいるのかという点と、影響額という点でお尋ねしたいと思います。
 それともう1点は、勤勉手当だとかそういう部分の、通勤手当以外の影響額がどのようになるのか、その点でも答弁願いたいと思います。
議長(鵜川和彦君) 12番、重山議員の質疑に対する答弁に入ります。
 総務課長。
総務課長(住友 茂君) 通勤手当を支給している人数でございますけれども、現在13名ということで、13名に影響がございます。あと、それに係る金額の影響でございますけれども、現在のところ19万3,000円ということで、今回の補正にも計上させていただいております。あと、これは一般会計ということでご理解いただきたいと思いますけれども、手当全体でいきますと一般会計では762万4,000円の、今回の人事院勧告によりまして増となっております。
 先ほど申しました19万3,000円を引きますと約743万1,000円が手当での影響額ということでございます。
 以上です。
議長(鵜川和彦君) ほかにございますか。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ちます。
 討論に入ります。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。議案第81号 職員の給与に関する条例及び栗山町職員の通勤手当支給に関する条例の一部を改正する条例について、原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第81号については、原案どおり決定いたしました。


    議案第82号
議長(鵜川和彦君) 日程第8、議案第82号 栗山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第82号 栗山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の提案理由をご説明申し上げます。
 本年8月の人事院勧告において、期末勤勉手当の支給率を引き上げという勧告がされました。本町におきましても、この人事院勧告を踏まえ、本条例を改正するものであります。
 以下改正条項についてご説明申し上げます。
 改正条例の第1条につきましては、栗山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正で、第5条第2項において、12月分期末手当の支給率を100分の222.5に改正するものであります。
 改正条例の第2条につきましては、栗山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正で、第5条第2項において、期末手当の支給率を6月支給分は100分の193.2に、12月支給分は100分の216.8にそれぞれ改正するものであります。
 附則につきましては、施行日を定めたもので、平成26年12月1日から施行し、改正条例第2条の規定は、平成27年4月1日から施行するものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。 議案第82号 栗山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第82号については原案どおり決定いたしました。
    
    
    議案第83号
議長(鵜川和彦君) 日程第9、議案第83号 特別職の職員の給与に関する条例及び栗山町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例を議題に供します。
 提案理由の説明を求めます。
 町長。
〔町長 椿原紀昭君登壇〕
町長(椿原紀昭君) 議案第83号 特別職の職員の給与に関する条例及び栗山町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の提案理由をご説明申し上げます。
 本年8月の人事院勧告において、期末勤勉手当の支給率を引き上げという勧告がされました。本町におきましても、この人事院勧告を踏まえ、本条例を改正するものであります。
 以下改正条項についてご説明申し上げます。
 改正条例の第1条につきましては、特別職の職員の給与に関する条例の一部改正及び第3条の栗山町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正で、それぞれ12月支給分の期末手当の支給率を100分の222.5に改正するものであります。
 改正条例の第2条につきましては、特別職の職員の給与に関する条例の一部改正、第4条につきましては、栗山町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部改正で、それぞれ期末手当の支給率を6月支給分は100分の193.2に、12月支給分は100分の216.8にそれぞれ改正するものであります。
 附則につきましては、施行日を定めたもので、平成26年12月1日から施行し、改正条例第2条及び第4条の規定は、平成27年4月1日から施行するものであります。
 以上、提案理由といたしますので、よろしくご審議くださいますようお願いいたします。
議長(鵜川和彦君) 提案理由の説明が終わりましたので、ただいまより質疑に入ります。質疑ありませんか。
 〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、質疑を打ち切りたいと思いますが、ご異議ありませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、質疑を打ち切ります。
 討論に入ります。ありませんか。
〔「なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ないようですので、討論を打ち切りたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) 異議なしですので、討論を打ち切ります。
 お諮りいたします。 議案第83号 特別職の職員の給与に関する条例及び栗山町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例について原案に賛成の皆さんの起立を求めます。
〔賛成者起立〕
議長(鵜川和彦君) 全員起立。
 よって、議案第83号については原案どおり決定いたしました。


    閉会の宣言
議長(鵜川和彦君) 以上で提案された案件の議案が全て終了いたしましたので、閉会いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
〔「異議なし」と言う人あり〕
議長(鵜川和彦君) ご異議がないようですので、これをもちまして平成26年第6回栗山町議会臨時会を閉会いたします。
                         閉会 午前10時05分