用語集一覧

議会で使われる用語の中には、一般生活であまり耳にしないものが多くあります。わかりにくい議会用語を五十音順に解説します。

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

あ行

委員会(いいんかい)

町長から提出された議案などの審査を行うため、議会の内部審査機関として設置する会議のことをいいます。地方自治法(第109条、第109条の2、第110条)で、地方議会は条例で常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会を置くことができるとしています。各委員長と副委員長は、委員会ごとに委員の中から選任されます。

委員会付託(いいんかいふたく)

議会に提案された議案などの審査を担当の委員会へ依頼することをいいます。委員会審査が終わると委員長は、本会議でその結果を報告し、審査結果を参考に議決をします。

委員長報告(いいんちょうほうこく)

委員会での審査を終えた議案などを本会議の議題にするとき、委員長が委員会の審査経過と結果について報告することをいいます。

意見書(いけんしょ)

町では対応できない重要な事項について、議会としての考えや意思を意見としてまとめた文書のことをいいます。各議員から提出された意見書案は、本会議で可決されたのち、地方自治法(第99条)に基づき意見書として国や都などの関係機関へ提出します。

一事不再議の原則(いちじふさいぎのげんそく)

一度議会で議決した議案等については、同じ趣旨のものは同一会期中に議題として取り上げないことをいいます。議会の審議能率を高めるために取り入れています。

一般質問(いっぱんしつもん)

議員が議長の許可を得て、定例会の本会議で町長や教育委員会などの執行機関に対して、町の仕事の執行状況や将来の方針、計画あるいは疑問点など幅広い視点から質問することをいいます。栗山町議会では、一般質問は一問一答方式を採用し、一回目の質問は登壇し、通告に従い全問について質問します。一般質問の時間は、第1回の質問に限り30分以内。答弁についても一回目は登壇の上、質問全問を一通り回答します。質問者は、一回目の質問が終われば発言席に着席し、二回目からは発言席で質問します。制限時間は、町政執行方針のある3月の定例会については90分とし、通常の6、9、12月は60分とします。

一括議題(いっかつぎだい)

関連のあるものや簡素な事項などの議案の場合、議長が一括して議題として審議する方法のことをいいます。

一問一答方式(いちもんいっとうほうしき)

質問し、これに答弁し、次いで質問、答弁という形式で同一質問者と答弁者の間で問答を続けることをいいます。栗山町議会では、一回目は一括方式、二回目からは一問一答方式により行っております。

延会(えんかい)

議事日程に記載された議題の審議が、その日の本会議で終了できないとき、議題を残してその日の会議を終了することをいいます。

このページの先頭へ