用語集一覧

議会で使われる用語の中には、一般生活であまり耳にしないものが多くあります。わかりにくい議会用語を五十音順に解説します。

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

は行

発議(はつぎ)

議員が議案を提出することをいいます。

表決(ひょうけつ)

議員が議案に対して賛成または反対の意思を表明することをいいます。意見を表明する側からは表決といいますが、議長から見ると各議員の表決を採ることを採決といいます。表決の結果、賛否の多少により決定することを議決といいいます。
<関連語> 採決

付議事件(ふぎじけん)

議案など議会で審議される事項のことをいいます。

不採択(ふさいたく)

採択の反対の意味で、請願や陳情の内容に議会として同意しない意思決定のことをいいます。
<反対語> 採択

附帯決議(ふたいけつぎ)

議案を議決する際、付け加えられる議会の要望のことをいいます。法律的な効果はなく、政治的に尊重されるべきものとされています。

付託(ふたく)

議案や請願を審議する場合、さらにくわしく調査・検討するために、委員会へ審査を依頼することをいいます。

閉会(へいかい)

会期の最終日に定例会や臨時会日程を終了することをいい、議会は閉会後は活動能力を消滅します。ただし、その会期中に結論を出すことができない案件については、委員長から議長に継続審査の申し出があった場合は、閉会中でも引き続き審査することができます。
<関連語> 開会

報酬(ほうしゅう)

議会の議員や議長・委員長などの勤務の対価のことをいいます。議員報酬の額は条例で定められています。

傍聴(ぼうちょう)

定例会や委員会などの会議をその場で聞くことをいいます。栗山町議会では、本会議はもちろん、委員会や審査会など、どなたでも傍聴できます。

本会議(ほんかいぎ)

全議員が本会議場で行う会議のことをいいます。原則として議員定数の半数以上(栗山町議会の場合は7人以上)の議員が出席しなければ開くことができません。
本会議では、議案などを審議し、議会の最終的な意思を決定するほか、定例会では各議員が町政全般についての質問をします。

このページの先頭へ